2.女教皇『THE_HIGE_PRIESTESS』|タロットカードの意味と解説

2.女教皇『THE_HIGE_PRIESTESS』

「キーワード」
無意識、清らかさ、理想

「総合」☆☆☆★★
ニュートラルな状態。人間関係は落ち着く。ただし、自分から動かないので、せっかちな人からは怒りを買わないよう注意。また、今はアウトプットよりインプットに向く時期である。勉学に注力して良。身の回り整理整頓を心掛ければさらに上手くいく。

「恋愛」☆★★★★
知の部分で関係が深まる。例えば相手の趣味や知識にアプローチすれば更に距離が近づく。ただし、性的な魅力や興味は不足気味。肉体への関心は薄くなっている状態。相手がいる場合は欲求不満にさせないよう注意。また、この時は相手の金銭・異性問題に気付いているものの、ただただ傍観している状態とも見る。関係継続の努力は自分を傷付けるだけの結果に。相手の改心は期待薄。三つ子の魂百まででだ。問題を抱えている人は関係の清算を真剣に考えるべき時。

「相手の気持ち」☆☆☆★★
相手の反応が鈍いのは、頭の中で様々な趣味レーションを行っているせい。視線は遠くに向いており、これから起こるだろう難しい問題を先回りし見つけようとしている。自分の感情も考えもそっくり抱え込んで表には出てきづらいが、不意に本心を吐き出す。おおよそは将来に対する漠然とした不安に苛まれている。また、相手は外に出るのは億劫なときので、買い物の代行などしてあげると喜ぶ。

「仕事」☆☆☆★★
頭脳はクリアで洞察力も優れている。論理・理屈で押し通すせることなら良い。ただし現場の仕事には熱が入らない。また”指示待ち”にもなりがち。そんな状況で”お先に失礼します”など言わないように。嫌悪感や疎外感があっても、群れから離れない方が安全な時期。

「家庭」☆☆☆★★
家庭の事情のため自分の可能性が制限されている、と考える傾向がある。人のことを優先し過ぎる。もっと自分の可能性に期待して動いて良い。何かあれば臨機応変に動ける人なので、今ある心配事は杞憂に終わる。

「健康」☆☆☆★★
オカルトの健康法に興味が出てきやすい。慢性病ある人は、新たな対応策が見つかりやすい時期。

「転居」☆☆☆☆★
保守的に考えるので大きな失敗はない。ただし、リスクを考えすぎて窮屈な新生活を迎える傾向あり。床面積にはこだわって、できれば今より広い所へ移りたい。

「旅行」☆☆☆★★
計画がシンプル過ぎる。もう少し欲張っても良い。

「金運」☆☆☆☆★
財布の紐が閉まる。必要なものさえ我慢する。自己投資は吉。ここで学んだことは少し時間がかっても、後々役立つようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です