05水天需(すいてんじゅ)|易経六十四卦の意味と解説

水天需(すいてんじゅ)

需、有孚。光亨。貞吉。利渉大川。

初九。需于郊。利用恆。无咎。
九二。需于沙。小有言、終吉。
九三。需于泥。致寇至。
六四。需于血。出自穴。
九五。需于酒食。貞吉。
上六。入于穴。有不速之客三人來。敬之終吉。

≪読み≫
需[じゅ]は、孚[まこと]あり。光[おお]いに亨る。貞なれば吉なり。大川を渉[わた]るに利ろし。
初九。郊[こう]に需[ま]つ。恒[つね]を用うるに利ろし。咎なし。
九二。沙[すな]に需つ。小[すこ]しく言[こと]あれど、終には吉なり。
九三。泥に需つ。寇[あだ]の至るを致す。
六四。血に需つ。穴より出づ。
九五。酒食[しゅしょく]に需つ。貞なれば吉なり。
上六。穴に入る。速[まね]かざるの客三人来[きた]るあり。これを敬すれば終には吉なり。

需は待つこと
水が天に上がり、雨を降らすのを待っている
上ったものは、いずれ落ちる。だから焦ることなく待つべき。

初九:坎から最も遠い、郊外で待つ、暇だが平和である。 中心人物からは遠い、平民。
九二:砂場で待つ象、水には近づいた。でも、正しいポジションで不安はない。変卦(水火未済)
九三:泥地に待つ象、足元が緩い。危険地帯ではないが、後戻りはできない。勇んで取り掛かる。
六四:坎険の 海上戦。陸地は燃えて後戻りはできない。しかし、もう少ししたら、穴から出られる
九五:大洋の島。
上六:坎険穴に入り込んで抜け出せない。
しかし、地に天の徳があるから、過去の行いが良ければ引き上げてもらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です