11 地天泰(ちてんたい)|六十四卦の意味と解説

地天泰(ちてんたい)

泰、小往大來。吉亨。

初九。拔茅茹。以其彙。征吉。
九二。包荒、用馮河、不遐遺、朋亡、得尚于中行。
九三。无平不陂、无往不復。艱貞无咎。勿恤其孚。于食有福。
六四。翩翩不富、以其鄰。不戒以孚。
六五。帝乙歸妹。以祉元吉。
上六。城復于隍。勿用師。自邑告命。貞吝。

【読み】
泰は、小往き大来[きた]る。吉にして亨[とお]る。

初九。茅[ちがや]を抜くに茹[じょ]たり。その彙[たぐい]を以[とも]にす。征[ゆ]くも吉なり。
九二。荒を包[か]ね、河を馮[かちわた]るを用い、遐[とお]きを遺[わす]れず、朋亡[ともほろ]ぶれば、中行に尚[かな]うを得ん。
九三。平[たいら]かなるものにして陂[かたむ]かざるはなく、往くものにして復[かえ]らざるはなし。艱[くるし]みて貞にすれば咎なし。その孚[まこと]を恤[うれ]うるなかれ。食において福あらん。
六四。翩翩として富めりとせず。その隣と以[とも]にす。戒めずしてもって孚あり。
六五。帝乙[ていいつ]妹を歸[とつ]がしむ。もって祉[さいわい]ありて元吉なり。
上六。城隍[ほり]に復[かえ]る。師[いくさ]を用うるなかれ。邑より命を告げんのみ。貞なれども吝なり。

泰は安泰の泰
上卦に陰、下卦に陽
つまり、宮廷は休み。城下町は活発。
外敵を気にしなくていい状況。内政、治安も悪くない。

初九:陽だから重みがある(初爻は田の下にある)茅を抜けば、辺りの茅がごっそり抜ける。仲間との行動が吉。
九二:人中にあり。身は汚れても、心は高潔。リーダーとしてみちびく。
九三:地の極位、泰の極盛期。平らなものはいずれ傾く。しかし、道理に従って動けば咎はない。吉凶どちらへも傾き得る。
六四:在下三陽が昇ってくる。随従すればよい。
六五:へりくだる。柔徳で対応すべき時。(変卦⇒水地比、結局は肩を並べないとだめ、、自分の意志で降りていったということが必要)
上六:泰卦の極、今まで築き上げてきた堀が決壊する危険性がある。(変卦⇒山地剥)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です