12天地否|六十四卦の意味と解説

天地否(てんちひ)

否之匪人。不利君子貞。大往小來。

初六。拔茅茹。以其彙。貞吉亨。
六二。包承。小人吉。大人否亨。
六三。包羞。
九四。有命无咎。疇離祉。
九五。休否。大人吉。其亡其亡、?于苞桑。
上九。傾否。先否後喜。

≪読み≫
否はこれ人にあらず。君子の貞に利ろしからず。大往き小来(きた)る。

初六。茅[ちがや]を抜くに茹[じょ]たり。その彙[たぐい]をと以[とも]にす。貞なれば吉にして亨る。
六二。包承[ほうしょう]す。小人は吉なり。大人は否にして亨る。
六三。羞[はじ]を包[つつ]む。
九四。命[めい]あれば咎なし。疇祉[ともさいわい]に離[つ]かん。
九五。否を休[や]む。大人は吉なり。そ其れ亡びなんそれ亡びなんとて、苞桑に繋[かか]る。
上九。否を傾く。先には否[ふさ]がり後には喜ぶ。

否は相交わらない。陽が天にあり、陰が地にある。交わらなければ何も生まれない。(特に陰と陽が交わらないとだめ)

初六:泰と同じで、地の下の物を引っ張れば、ごっそりと連なって抜ける。役立たずでも人数がいれば力にはなる。(数合わせ)
六二:否塞の時ながら、君子の言葉を順承するだけの徳はある。抑圧の中でも真理は耐えることができる。
六三:羞恥を感じる。不当に得た地位。
九四:君子の命を待って行動するべき。自ら進むとジリ貧になる。
九五:?ぎとめる、、陰3の親分。
上九:否の極、のちにつながる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です