15地山謙|六十四卦の意味と解説

地山謙(ちざんけん)

謙、亨。君子有終。

初六。謙謙君子。用渉大川。吉。
六二。鳴謙。貞吉。
九三。勞謙。君子有終、吉。
六四。无不利。撝謙。
六五。不富以其鄰。利用侵伐。无不利。
上六。鳴謙。利用行師征邑國。

≪読み≫
謙[けん]は、亨る。君子は終わりあり。

初六。謙謙す君子。もって大川を渉る。吉なり。
六二。鳴謙す。貞にして吉なり。
九三。労謙す。君子終ありて吉なり。
六四。利[よ]ろしからざるなし。謙を撝[さしまね]く。
六五。富めりとせずしてその隣と以[とも]にす。もって侵伐するに利ろし。利ろしからざるなし。
上六。鳴謙す。もって師[いくさ]を行[や]り、邑國を征するに利ろし。

謙は謙虚、人にへりくだる事。
謙遜と卑屈は違う。
謙は1陽、3爻の位置にある。つまり、頭を腰の高さまで下げている。
地、山、ほんとうは山の方が上、位置が逆転している。だから、本当は自分の方が偉いんだけど、、へりくだっている。

初六:謙譲なうえに謙譲な君子、どんなことでも成し遂げることができる。おごり高ぶるところがないから、相手はいうことを聞くしかない。
六二:謙譲さが表情ににじみ出る。正しい人。下心が無い。
九三:独陽、陰衆の心服を得ている。立派な人。
六四:在下の謙徳のある賢者をもって事に当たる。上手くいく。
六五:自分の富を誇らずに隣人に分け与える。博愛の精神で臨むとき。
上六:卦極の高い位置にいる。真意が伝わらない。真心があっても、それを伝えることが難しい。縁の薄い人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です