17沢雷随|六十四卦の意味と解説

澤雷隨(たくらいずい)

隨、元亨利貞。无咎。

初九。官有渝。貞吉。出門交有功。
六二。係小子、失丈夫。
六三。係丈夫、失小子。隨有求得。利居貞。
九四。隨有獲。貞凶。有孚、在道以明、何咎。
九五。孚于嘉。吉。
上六。拘係之、乃從維之。王用亨于西山。

【読み】
隨[ずい]は、元いに亨りて貞しきに利ろし。咎なし。

初九。官渝[かわ]ることあり。貞なれば吉なり。門を出でて交われば功あり。
六二。小子に係[かか]れば、丈夫を失う。
六三。丈夫に係れば、小子を失う。隨いて求むることあれば得。貞に居るに利ろし。
九四。隨いて獲るあり。貞なれども凶なり。孚[まこと]あり、道に在りて明らかなれば、何の咎かあらん。
九五。嘉に孚あり。吉なり。
上六。これを拘[とど]め係[つな]ぎ、すなわち従いてこれを維[つな]ぐ。王もって西山に亨[きょう]す。

随は従う沢(少女)が雷(長男)に従う。
沢はさわだから、上卦にあると良い。
澤(金)⇒雷(木)だから、、利害の関係である。気持ちのつながりはない。
形式的なものに終始する。しかし、それが無いと関係自体が続けることができない。

初九:門を出て交われば吉。役職は変わりやすい。でも動じずに自分らしく生活をしていればよい。
六二:一度に両方と親しくすることはできない。初爻の陽に気を向けず、正応の5爻に従うべきである。
六三:六三は二爻とは違って、上位の4爻に従う。よって悪くない。ただ、4爻は外柔内剛のひと、おとなしくしていないと苦労する。
九四:君位の下にあるが、これをしのぐほどの勢いがある。良かれと思ってやったことでも嫌悪を招く。忍耐の時。みずからを傷つけてはならない。君を恐れ指すことになる。
九五:2爻は正応、善意に対して真の心を失わないから吉である。
上六:隋道の極み、天下の人々がこれに従う。まるで引き捉えた上にこれを縄で括り付ける。西山の神にいけにえを捧げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です