19地沢臨|六十四卦の意味と解説

地澤臨(ちたくりん)

臨、元亨利貞、至于八月有凶。

初九。咸臨。貞吉。
九二。咸臨。吉无不利。
六三。甘臨。无攸利。既憂之无咎。
六四。至臨。无咎。
六五。知臨。大君之宜。吉。
上六。敦臨。吉无咎。

≪読み≫
臨は、元いに亨りて貞しきに利ろし。八月に至れば凶あらん。

初九。咸[かん]じて臨[のぞ]む。貞にして吉なり。
九二。咸じて臨む。吉にして利ろしからざるなし。
六三。甘んじて臨む。利ろしき攸无しところなし。既にこれを憂うれば咎なし。
六四。至りて臨む。咎なし。
六五。知にして臨む。大君の宜[よろ]しきなり。吉なり。
上六。敦[あつ]く臨む。吉にして咎なし。

臨は人に臨む。卦形は12月。
沢の上に地がある。まだ暗い。弱い。守ってやる必要がある。

初九:正しい道にしたがい、人を感動させる。
九二:人を感動させつつ、これに臨む。陽は振動元。
六三:陰柔不中正、へつらいの態度で人に臨むことになる。反省し行動を改めればよい。(まだ下卦、上卦になれば、もう言っても仕方ない人)
六四:初爻が正応になっている。至って申し分ない形で人に接することができる。
六五:正応あり。大君のとるべき行動を取る。
上六:臨道の極。厚い態度で人に接する。(←上爻は下爻すべてを包括している!、ただ四爻は正応でないから、分かり合えない人、陰で非難する人もいる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です