21火雷噬嗑 |六十四卦の意味と解説

火雷噬嗑(からいぜいごう)

噬嗑、亨。利用獄。

初九。履校滅趾。无咎。
六二。噬膚滅鼻。无咎。
六三。噬?肉、遇毒。小吝无咎。
九四。噬乾?、得金矢。利艱貞。吉。
六五。噬乾肉、得黄金。貞厲无咎。
上九。何校滅耳。凶。

≪読み≫
噬嗑[ぜいこう]は、亨る。獄を用うるに利ろし。

初九。校[あしかせ]を履[は]いて趾[あし]を滅[やぶ]る。咎なし。
六二。膚[はえだ]を噬[か]みて鼻を滅[やぶ]る。咎なし。
六三。?肉[せきにく]を噬み、毒に遇う。小[すこ]しく吝なれども咎なし。
九四。乾?[かんし]を噬み、金矢を得。艱[くる]しみて貞なるに利ろし。吉なり。
六五。乾肉を噬み、黄金を得。貞厲なれば、咎无し。
上九。校[くびかせ]を何[にな]いて耳を滅[やぶ]る。凶なり。

ぜいごうはモノを噛み合わす。ということ。障害をとりのぞき、和合亨通を得る形。
火(動いて)雷(明らかに)する象。雷と電が合わさって、辺りを明るくしている。
モノをかむときは下の顎が動く。

初九:初爻は無位の下民。罪は冒しても大罪ではない。足枷を履いて足首を切る程度の傷。改心して出直せばいい。
六二:中徳があって罪人を治めるのであるから、たやすい。しかし陰が陽(初校)を治めるのであるから、多少のやりすぎがあるかもしれない。
それによって自分の鼻先が傷つくこともあるかもしれないが、大したことはない。
六三:獄を治めてもなかなか罪人を屈服させることができない。地位が不当だからである。
九四:罪人の抵抗に遭い、獄を治めるのはますます困難になる。しかし裁判を起こすための供託金が手に入る。
六五:獄を治めて事を全うしうる。簡単ではないが、、その行いは的を得ているから吉。
上九:卦局の過剛、罪を犯してもそれを改めようとはしない。首枷をはめられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です