22山火賁 |六十四卦の意味と解説

山火賁(さんかひ)

賁、亨。小利有攸往。

初九。賁其趾。舍車而徒。
六二。賁其須。
九三。賁如、濡如。永貞吉。
六四。賁如、?如。白馬翰如。匪寇婚媾。
六五。賁于邱園。束帛戔戔。吝終吉。
上九。白賁。无咎。

≪読み≫
賁[ひ]は、亨る。小[すこ]しく往くところあるに利ろし。

初九。その趾[あし]を賁[かざ]る。車を舍[す]てて徒[かち]す。
六二。その須[ひげ]を賁る。
九三。賁如[ひじょ]たり濡如[じゅじょ]たり。永貞なれば吉なり。
六四。賁如たり、?如[はじょ]たり。白馬翰如[かんじょ]たり。寇[あだ]するにあらず婚媾せんとす。
六五。邱園に賁[かざ]る。束帛戔戔[そくはくせんせん]たり。吝なれども終[つい]には吉なり。
上九。白く賁る。咎なし。

文明にして止まるとは人文なり。
天文を観てもって時変を察し、人文を観もって天下を化成す。
賁は飾る。火が山下にあり草木を照明文飾する。度を超せば不可となる。

初九:貧賤に甘んじて、もっぱらその行いを美しくするべき。車などには目をくれず、徒歩での生活に満足する。
六二:2爻であるが正応を持っていない。よって三爻(陽)にくっついて動く。上あごとひげがくっ付いて動くように。
九三:上下の陰に囲まれてその美しさは際立っている。その飾りに甘んじ溺れてはならない。
六四:初爻の正応と三爻のどちらに付くか迷う。質素に行くか、きらびやかに飾るか、、初爻に従って間違いない。
六五:華美を願わず、丘園を育てる。批判を受けることはあっても結局はそれが吉。大過なきを得たいという喜びがある。
上九:賁卦の極、白く飾る。自然にふさわしい。吉である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です