23山地剥 |六十四卦の意味と解説

山地剥(さんちはく)

剥、不利有攸往。

初六。剥牀以足。蔑貞。凶。
六二。剥牀以辨。蔑貞。凶。
六三。剥之。无咎。
六四。剥牀以膚。凶。
六五。貫魚、以宮人寵。无不利。
上九。碩果不食。君子得輿、小人剥廬。

≪読み≫
剥[はく]は、往くところあるに利ろしからず。

初六。牀[しょう]を剥[はく]するに足を以てす。貞を蔑[ほろ]す。凶なり。
六二。牀を剥するに弁[べん]を以てす。貞を蔑ぼす。凶なり。
六三。これを剥す。咎なし。
六四。牀を剥するに膚[はだえ]を以てす。凶なり。
六五。魚を貫[つらぬ]き、宮人を以て寵せらる。利ろしからざるなし。
上九。碩[おお]いなる果食[このみくら]われず。君子は輿[よ]を得、小人は廬[ろ]を剥す。

剥は剥ぎ取られる。小人の勢いが強くなり君子を剥害する。
君子たるものは進んで行動するのは良くない。
高い山が崩れて地に付着した形が剥。

初六:悪が忍び込んだ。邪が貞を滅ぼそうとしている。凶である。
六二:2爻の徳はあるが、正応を持たぬ。邪の進行が進む。凶である。(正当な相手を得ることができない)
六三:上爻(陽)との付き合いを得て上下の陰との関係を断つ。剥が止まるから凶ではない。(上九を剥害せぬ)
六四:剥がますます進んで天の位に来た。凶である。
六五:剥を辞めて衆陰を率い、上九に仕えその寵を受ける。悪いはずがない。5爻と3爻のみが上爻との付き合い方を知っている。
上九:剥することが極まって、ただ1人だけ生き残った象。小人は耐えることができない。上人は衆意を組みとりみこしに乗る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です