27山雷頤|六十四卦の意味と解説

山雷頤(さんらいい)

頤、貞吉。觀頤自求口實。

初九。舎爾靈龜、觀我朶頤。凶。
六二。?頤。拂經。于丘頤。征凶。
六三。拂頤。貞凶。十年勿用。无攸利。
六四。?頤吉。虎視眈眈、其欲逐逐、无咎。
六五。拂經。居貞吉。不可渉大川。
上九。由頤。厲吉。利渉大川。

≪読み≫
頤[い]は、貞[ただ]しければ吉なり。頤を觀[み]てみずから口実を求む。

初九。爾[なんじ]の靈龜[れいき]を舎[す]て、我を觀て頤[おとがい]を朶[た]る。凶なり。
六二。?[さかしま]に頤[やしな]わる。經[つね]に拂[もと]れり。丘において頤わる。征[ゆ]けば凶なり。
六三。頤[い]に拂[もと]る。貞なれども凶なり。十年用うることなかれ。利ろしきところなし。
六四。?[さかしま]に頤[やしな]わるも吉なり。虎視眈眈[たんたん]、其の欲逐逐[ちくちく]たれば、咎なし。
六五。經[つね]に拂[もと]る。貞に居れば吉なり。大川を渉るべからず。
上九。由りて頤わる。厲[あや]うけれども吉なり。大川を渉るに利ろし。

〔彖傳〕頤、貞吉、養正則吉

頤はおとがい、人が口を開けた状態。
上は艮(止まり)したは雷(動く)、人がものを食べる様子。
これは人を養うの意でも捉えることができる。←栄養が必要だということ

初九:己の明徳を放棄し、養われることを望んでいる(口を大きく開けているから、もう貴ぶ存在ではない)。凶である。
六二:六二の身で初九に養いを求める。凶である。(本来は自分より上のものに養ってもらうべき)
六三:陰柔不中正。頤養の正道にもとって(曲がって)人に養いを求める。凶。
六四:柔順居正。下(初九)に養われるが、初九は正応であるから吉。
六五:君位にありながら、民を養うだけの実力が不足している。上九に教えを乞う。
上九:六五の君ですら自分を頼って民を養おうとする。責任は重大で危険であるが、吉である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です