28沢風大過|六十四卦の意味と解説

澤風大過(たくふうたいか)

大過、棟橈。利有攸往。亨。
【読み】
大過は、棟[むなぎ]橈[たわ]む。往く攸有るに利ろし。亨る。

初六。藉用白茅。无咎。
九二。枯楊生?、老夫得其女妻。无不利。
九三。棟橈。凶。
九四。棟隆。吉。有它吝。
九五。枯楊生華、老婦得其士夫。无咎无譽。
上六。過渉滅頂。凶无咎。

≪読み≫
大過は、棟[むなぎ]橈[たわ]む。往くところあるに利ろし。亨る。

初六。藉[し]くに白茅[はくぼう]を用う。咎なし。
九二。枯楊?[ひこばえ]を生じ、老夫その女妻を得たり。利ろしからざるなし。
九三。棟橈[むなぎたわ]む。凶なり。
九四。棟隆[たか]し。吉なり。它[た]あれば吝なり。
九五。枯楊華[はな]を生じ、老婦その士夫を得たり。咎もなく譽[ほま]れもなし。
上六。過ぎて渉[わた]り頂[いただき]を滅[めつ]す。凶なれども咎なし。

卦の中心に4陽が集まり、陽気が盛んなので大過という。したがって上下の2陰はこの重さに耐えかねるありさま。
沢(兌)が風(巽)を滅没するのが大過。本来は木を養うべき水が、木を滅する。多すぎるから。

土葬の相。土棺桶土 棺桶の上に土を乗せるから。

初六:畏れ慎むことが過ぎる。祭りの供え物を直におかず、白ちがやを敷物にするよう。吉。
九二:上に正応が無いので、初爻に親しむ。老人が若い妻を貰ったようなもの。
九三:九四と共に卦の中央。過剛不中。下に負担がかかりすぎる、全体が沈む。凶。中和の徳を失してその任に堪えられない。
九四:陽剛居柔。陰陽のよろしきを得てその任に堪えうる。しかし初六の援助を期待するようではダメ。下に体重がかかるとバランスが崩れる。
九五:4陽の最上位。盛りの過ぎた陽が、さらに年老いた陰と親しもうとする。凶である。
上六:上六は陰柔居極、その重任に堪えぬこと。身の危険も考えずに川をかちわたり、頭のてっぺんまで水につかってしまうなもの。凶。しかし、その志をとがめることはできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です