29坎為水|六十四卦の意味と解説

坎為水(かんいすい)

習坎、有孚。維心亨。行有?。

初六。習坎、入于坎?。凶。
九二。坎有險。求小得。
六三。來之坎坎。險且枕。入于坎?。勿用。
六四。樽酒?貳、用缶。納約自?。終无咎。
九五。坎不盈。祇?平、无咎。
上六。係用徽?、寘于叢棘。三歳不得。凶。

≪読み≫
習坎[しゅうかん]は、孚[まこと]あり。維[こ]れ心亨[とお]る。行けば尚[たっと]ばるることあり。

初六。坎[かん]を習[かさ]ねて、坎?[かんたん]に入る。凶なり。
九二。坎にして険あり。求めば小[すこ]しく得。
六三。來[きた]るも之[ゆ]くも坎坎たり。険にして且つ枕[ちん]す。坎?[かんたん]に入る。用うることなかれ。
六四。樽酒?貳[そんしゅじき]、缶[ほとぎ]を用う。約を納[い]るるに?[まど]よりす。終に咎なし。
九五。坎盈[あなみ]たず。既に平かなるに祇[いた]らば、咎なからん。
上六。係[つな]ぐに徽?[きぼく]を用い、叢棘[そうきょく]に寘[お]く。三歳まで得ず。凶なり。

習坎の習は重、坎は険・陥の意味。重なる険難に陥る。
九二、九五の2陽がともに陰に囲まれている。そのような境遇にあっても誠信を失わなければ道は拓ける。

初六:陰柔居下。坎に落ちるところが最も深い。坎にはまり込んだ象だから最も悪い。
九二:険難を免れないが、剛中の徳を備えているから得るものはある。
六三:陰柔不中正。進退共に自由を失っている。坎中の最も危険なくぼみに入り込んでいる。
六四:陰柔居正。九五の君と応接する立場。始めは困難でものちに咎なきをえる。
九五:天下の険難を救済すべき役割がある。しばし持久して時節の到来を待つべきである。
上六:小人が妄進して険難におちいる。3年経つまでは抜け出ることはできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です