30離為火|六十四卦の意味と解説

離下離上 離

離、利貞。亨。畜牝牛、吉。

【読み】
離は、貞しきに利ろし。亨る。牝牛を畜えば、吉なり。

初九、履錯然。敬之无咎。
六二、黄離、元吉。
九三、日昃之離。不鼓缶而歌、則大耋之嗟。凶。
九四、突如其來如。焚如、死如、棄如。
六五、出涕沱若。戚嗟若。吉。
上九、王用出征。有嘉折首。獲匪其醜。无咎。

【読み】
初九は、履むこと錯然たり。之を敬すれば咎无し。
六二は、黄離、元いに吉なり。
九三は、日昃[かたむ]くの離なり。缶[ほとぎ]を鼓ちて歌わざれば、則ち大耋[だいてつ]の嗟[なげ]きあらん。凶なり。
九四は、突如として其れ來如たり。焚如たり、死如たり、棄如たり。
六五は、涕を出だすこと沱若[たじゃく]たり。戚[うれ]うこと嗟若たり。吉なり。
上九は、王用[もっ]て出で征せしむ。嘉きこと有りて首を折[た]つ。獲るもの其の醜[たぐい]に匪ず。咎无し。

離は麗[つ]く。1陰が2陽の間にくっつく。日月は天に麗き、草木は土に麗く。
火=突如として、、という意味がある。

初九:行動を起こす始めのとき。敬い慎む気持ちがあれば咎はない。
六二:この卦の主。中道を得ている。
九三:陽が傾いている。老年期。老いを嘆くのではなく、笑って楽しくすごそう。
九四:正応を得られぬまま、六五にくっつこうとするが、突如としてやってくる強引さでは人に受け入れられるはずもない。
六五:自分を助けてくれるものもなく(正応なし)、上下の陽に消されるのを恐れていつもはらはらと涙を流す。しかしじっとしていれば位を保ち吉。
上九:陽剛居極。剛毅聡明の人。敵を刈り取ることができる。しかし、残虐過ぎる。寛大さを持てば吉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です