32雷風恒|六十四卦の意味と解説

雷風恒

巽下震上 恆

恆、亨。无咎。利貞。利有攸往。
【読み】
恆は、亨る。咎无し。貞しきに利ろし。往く攸有るに利ろし。

初六、浚恆。貞凶。无攸利。
九二、悔亡。
九三、不恆其德。或承之羞。貞吝。
九四、田无禽。
六五、恆其德貞。婦人吉、夫子凶。
上六、振恆。凶。
【読み】
初六は、浚[ふか]くするを恆とす。貞しけれども凶なり。利ろしき攸无し。
九二は、悔亡ぶ。
九三は、其の德を恆にせず。或は之に羞を承[すす]む。貞しけれども吝なり。
九四は、田[かり]して禽无し。
六五は、其の德を恆にして貞し。婦人は吉なれども、夫子は凶なり。
上六は、振うを恆とす。凶なり。

雷風。風の流れは早い。しかし雨はまだ向う。
長男(雷)が長女(風)の上にいる。男尊女卑の形。
迅雷疾風は天地の大変であるが、しかも常理を失わない。

初六:不中不正。物事には漸進の理があることをわきまえない。最初から相手に恒常の道を要求する。上手くいくはずがない。
九二:卦主。本来なら凶であるが、下卦の中位を恒久的に保っているので、悪くない。
九三:過剛不中。恒久的に自分の持前を保ちえない。軽挙妄動して上六に求めようとする。
九四:陽剛不中正。狩りに行って獲物が得られない。何事についても求めるものが得られない。その場所が当を得ていないのだから、どうして獲物が得られようか。
六五:柔順居中。九二の剛中に従い、常に柔順の徳に固執する。女にとっては吉。男にとっては凶。
上六:陰柔居極。恒道の行き詰まり。恒常の道を固持することができず、常に動揺している。上に立つものが動揺していて成功するはずがない。
↑かかってこいや位の意気込みが欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です