33天山遯|六十四卦の意味と解説

天山遯

艮下乾上 遯

遯、亨。小利貞。

【読み】
遯[とん]は、亨る。小なれば貞しきに利ろし。

初六、遯尾。厲。勿用有攸往。
六二、執之用黄牛之革。莫之勝?。
九三、係遯。有疾厲。畜臣妾、吉。
九四、好遯。君子吉、小人否。
九五、嘉遯。貞吉。
上九、肥遯。无不利。
【読み】
初六は、遯尾。厲[あや]うし。往く攸有るに用うること勿かれ。
六二は、之を執[とら]うるに黄牛の革を用う。之を勝[よ]く?[だっ]するもの莫し。
九三は、遯[のが]るべきに係[つな]がる。疾有りて厲うし。臣妾を畜うには、吉なり。
九四は、好く遯る。君子は吉なり。小人は否[しか]らず。
九五は、嘉く遯る。貞しくして吉なり。
上九は、肥かに遯る。利ろしからざること无し。

遯は退避。二陰が伸びてきて、ようが逃れようとする。
天の下に山がある。いくら山が高かろうと、天に届くことはない。
君子は潔高の態度を持ち、小人を近づけぬこと。
応爻があると良くない。なぜなら逃れることができないから。

初六:逃げ遅れてしまう。しっぽの地位に甘んじる。凶。
六二:柔順中正。しっかりと結ばれた糸の用でだれもこれをときほぐすことはできない。
九三:過剛不中。下の二陰に引かれて、逃れることができない。私情に関わって悩み苦しむ。
九四:君子には吉だが、小人には凶。いざ逃れる時には決然と行動するだけの自制心がある。初六と正応。また剛陽の徳がある。ただ小人では生かせない。
九五:陽剛中正。立派な精神の持ち主であるから、貞をうしなわなければ吉。
上九:陽剛居極無応。いささかの係累もなく、悠々として余裕のある人物。凶であるわけがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です