34雷天大壮|六十四卦の意味と解説

雷天大壮

乾下震上 大壯

大壯、利貞。
【読み】
大壯は、貞しきに利ろし。

初九、壯于趾。征凶、有孚。
九二、貞吉。
九三、小人用壯、君子用罔。貞厲。羝羊觸藩、羸其角。
九四、貞吉悔亡。藩決不羸。壯于大輿之輹。
六五、喪羊于易。无悔。
上六、羝羊觸藩、不能退、不能遂。无攸利。艱則吉。
【読み】
初九は、趾[あし]に壯んなり。征けば凶なること、孚有り。
九二は、貞しければ吉なり。
九三は、小人は壯を用い、君子は罔を用う。貞しけれども厲[あや]うし。羝羊[ていよう]藩[かき]に觸れて、其の角を羸[くる]しましむ。
九四は、貞しければ吉にして悔亡ぶ。藩決[ひら]けて羸しまず。大輿の輹[とこしばり]に壯んなり。
六五は、羊を易に喪う。悔无し。
上六は、羝羊藩に觸れ、退くこと能わず、遂[すす]むこと能わず。利ろしき攸无し。艱[くる]しめば則ち吉なり。

大壯は大いなるものが盛ん。大(陽)が長じている。
盛んな時は調子に乗りすぎることがある。貞正にするのがよろしい。
雷が天の上に昇っている象。
進むということが一番のキーワード(勢い良く進む)

初九;陽剛居初。身の程を知らず盛んに進めば返り討ちにあう。応爻の九四で陽。陽が重なって盛んだが、進まない方が良い。
九二:陽剛居中。しかも六五の正応がある。しかし勢い勇んで盲進してはならない。
九三:過剛不中。しかも下卦の極にいるから事に当たって壮に過ぎやすい(ヒステリー)。壮な上にも壮な状態である。
小人はとにかく壮を用いやすいが、君子はそのようなことはない。
九四:陽剛居柔。進むに壮んだとはいえ、先は陰爻ばかりだから障害は少ない。進んで吉。
六五:柔順居尊。下からくる群陽を柔らかくいなす。逆らうことはしない。家の暴れ馬を野に放すようなもの。だから多少の損はあっても事なきを得る。
上六:陰柔居極。卦極にして自身は柔らかく弱い(陰柔)から、身の振りようがない。進退をわきまえず立場に苦しむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です