35火地晋|六十四卦の意味と解説

火地晋

坤下離上 晉

晉、康侯用錫馬蕃庶、晝日三接。
【読み】
晉は、康侯用[もっ]て馬を錫うこと蕃庶にして、晝日に三たび接せらる。

初六、晉如摧如。貞吉。罔孚、裕无咎。
六二、晉如愁如。貞吉。受?介福于其王母。
六三、衆允。悔亡。
九四、晉如?鼠。貞厲。
六五、悔亡。失得勿恤。往吉、无不利。
上九、晉其角。維用伐邑、厲吉无咎。貞吝。
【読み】
初六は、晉如たり摧如たり。貞しければ吉なり。孚とせらるること罔けれども、裕かなれば咎无し。
六二は、晉如たり愁如たり。貞しければ吉なり。?の介[おお]いなる福[さいわい]を其の王母に受く。
六三は、衆允[まこと]とす。悔亡ぶ。
九四は、晉如たる?鼠[せきそ]。貞しけれども厲[あや]うし。
六五は、悔亡ぶ。失得恤うること勿かれ。往けば吉にして、利ろしからざること无し。
上九は、其の角に晉[すす]む。維れ用て邑を伐てば、厲うけれども吉にして咎无し。貞しけれども吝なり。

晋は上進、進むの意。火が地上に昇る。
火はあたりをくまなく照らす。人に仰ぎ見られるようにふるまうべき。

初六:陰柔居初。応爻の九四は不中不正なので、進もうとしても望みを達しえない。しかし相手から信じられない場合でも心豊かに振る舞っていれば咎はない。
六二:中正無応。進もうとしてもその困難さに愁いを禁じ得ない。しかし王母(六五)から大いなる福を得ることが出来よう。
六三:陰柔不中正。本来なら進もうとして悔いをま逃れない所だが、幸いに下の六二もじぶんとおなじで進んで六五につかえようとするから、その同類の人たち(衆人)から信用を得て悔いも晴れる。
九四:陽剛不中正。不当にも君子に近い高官の地位に昇った。下の者の上進を忌み、邪暴の振る舞いに及ぶことがあるから凶である。
六五:陰柔居中。陰の身で五の陽位にいる。また、正応はない。しかし、文明の徳があって、民(下卦)は順柔(坤)である。吉。
上九:過剛居極。剛強に過ぎて天下の事に当たるには良くない。しかし、自分の領内のことに対処するほどのことについては咎はない。ワンマン、パワハラの相。

升、漸も昇り進むの意だが、晋が一番優れている。
火⇒土 火生土で土を温めるからだ。
しかし、345爻は坎になるから、進むのには良くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です