37風火家人|六十四卦の意味と解説

風火家人

離下巽上 家人

家人、利女貞。
【読み】
家人は、女の貞しきに利ろし。

初九、閑有家。悔亡。
六二、无攸遂。在中饋。貞吉。
九三、家人??。悔厲吉。婦子??、終吝。
六四、富家。大吉。
九五、王假有家。勿恤吉。
上九、有孚威如、終吉。
【読み】
初九は、有家を閑[ふせ]ぐ。悔亡ぶ。
六二は、遂ぐる攸无し。中饋に在り。貞しくして吉なり。
九三は、家人??[かくかく]たり。厲しきを悔ゆれば吉なり。婦子??たれば、終には吝なり。
六四は、家を富ます。大吉なり。
九五は、王有家に假[いた]る。恤うること勿くして吉なり。
上九は、孚有りて威如たれば、終に吉なり。

男が五爻に女が二爻にいる。
男女がそれぞれ正しい位置にいる。
家内が正しくて初めて天下が治まる。

風が火から生まれるのが家人。
全ての物事は内にもとずいて外に及ぶ。
行いには一定の決まりがあることを心掛けて行動するべし。
この卦の陽爻は男。陰爻は女。

初九:陽剛居初。剛毅果断な態度で過ちが無いように心がければ吉である。家人の志がまだ悪に変わらないうちに防止する。
六二:柔順中正。私意を遂げることなく。家人と神の為に奉仕する。吉である。
九三:過剛不中。厳格過ぎるが、その方が結局良い方に向かう。
六四:柔順居正。賢婦の相。家事に精を出せば、家が富んでいく。
九五:柔順中正。六二の正応があり、夫婦相応する形。
上九:陽剛居極。男子として家を治める道を汎論(広く語る)する。亭主関白。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です