39水山蹇|六十四卦の意味と解説

水山蹇

艮下坎上 蹇

蹇、利西南。不利東北。利見大人。貞吉。
【読み】
蹇[けん]は、西南に利ろし。東北に利ろしからず。大人を見るに利ろし。貞しければ吉なり。

初六、往蹇、來譽。
六二、王臣蹇蹇。匪?之故。
九三、往蹇、來反。
六四、往蹇、來連。
九五、大蹇、朋來。
上六、往蹇、來碩。吉。利見大人。

【読み】
初六は、往けば蹇[なや]み、來れば譽れあり。
六二は、王臣蹇蹇たり。?の故に匪ず。
九三は、往けば蹇み、來れば反る。
六四は、往けば蹇み、來れば連なる。
九五は、大いに蹇むも、朋來る。
上六は、往けば蹇み、來れば碩[おお]いなり。吉なり。大人を見るに利ろし。

蹇は良き悩んで進まないこと。坎を見て止まる(艮)。
ただ、険を見て止まるというのは知恵の優れた行いではないか。
九五で尊位に陽がある。その行為は広く影響する。

初六:柔順居初無応。止まるべき時。行けば悩むが、待てば誉を得る。
六二:柔順中正。よく九五をたすけて国難にあたる。ただ、この困難は自分ひとりのためのものではない。
九三:陽剛居正。上六の正応は無力で役に立たない。しかし、止まれば六二と初六の力を借りて安泰である。
六四:柔順居正。既に上卦の坎中に陥っているが、進まなければ九三の力を借りて安泰である。
九五:陽剛中正。坎難の真っただ中にいるが、待てば六二が助けに来てくれる。
殺虫⇒殺虫明け
上六:陰柔居極。進んで難を救おうと思えば、ますます難がひどくなる。とどまって下の九五と共に事に当たるのが良い。
九五のような大人に出会うのがよろしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です