41山沢損|六十四卦の意味と解説

山沢損

兌下艮上 損

損、有孚、元吉。无咎。可貞。利有攸往。曷之用。二?可用享。
【読み】
損は、孚有れば、元いに吉。咎无し。貞しくす可し。往く攸有るに利ろし。曷[なに]をか之れ用いん。二?[き]用[もっ]て享[まつ]る可し。

初九、已事?往、无咎。酌損之。
九二、利貞。征凶。弗損益之。
六三、三人行則損一人。一人行則得其友。
六四、損其疾。使?有喜。无咎。
六五、或益之、十朋之龜。弗克違。元吉。
上九、弗損益之。无咎。貞吉。利有攸往。得臣无家。
【読み】
初九は、事を已めて?[すみ]やかに往けば、咎无し。酌みて之を損らすべし。
九二は、貞しきに利ろし。征けば凶なり。損らさずして之を益す。
六三は、三人行けば則ち一人を損らす。一人行けば則ち其の友を得。
六四は、其の疾を損らす。?やかならしめば喜び有り。咎无し。
六五は、或は之を益すこと、十朋の龜なり。違うこと克[あた]わず。元いに吉なり。
上九は、損らさずして之を益す。咎无し。貞しければ吉なり。往く攸有るに利ろし。臣を得て家无し。

損は減損、減らすの意。
第三爻を損して、上爻を益する。
下(家臣)を減らして上(君)を益するということ。
人を減らすにあたっては誠意があれば、吉であって咎はない。
礼を行うのであっても、華美を減らすのことは差し支えない。

初九:陽剛居初。陽剛の才を持って応爻の六四を益する。私事をやめて六四におうじてこれを増やしてやればいい。ただ、自分の損はほどほどにと勘定すべし。
→五爻が陰だから、リターンは期待できない。そんなもんだろ、あたり前だろ、としか思ってないかもね。自分が期待した以上のモノは得られない。
九二:陽剛居中。自分の所信を堅く守る。自分が損をしないことで上を益することもできる。(自分が柱である状況だから)
六三:一人で行けばこそ、その友を得られるが、三人で行けば疑心暗鬼を生ずる。
六四:陰柔居正。正応の初九によって陰柔の病疾を損することができる。
六五:陰柔居中。天下の人が皆自分を損してこの君を益そうと務める。人のみならず上天からも助けがある。陰徳がある。宗教家の相。
上九:陽剛居極。おのれの損をなくして人を益する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です