42風雷益|六十四卦の意味と解説

風雷益

震下巽上 益

益、利有攸往。利渉大川。
【読み】
益は、往く攸有るに利ろし。大川を渉るに利ろし。

初九、利用爲大作。元吉。无咎。
六二、或益之、十朋之龜。弗克違。永貞吉。王用享于帝。吉。
六三、益之用凶事、无咎。有孚中行、告公用圭。
六四、中行。告公從。利用爲依遷國。
九五、有孚惠心。勿問元吉。有孚惠我德。
上九、莫益之。或?之。立心勿恆。凶。
【読み】
初九は、用[もっ]て大作を爲すに利ろし。元いに吉なり。咎无し。
六二は、或は之を益すこと、十朋の龜なり。違うこと克[あた]わず。永貞なれば吉なり。王用て帝に享す。吉なり。
六三は、之を益すに凶事を用うれば、咎无し。孚有り中行にして、公に告ぐるに圭を用うべし。
六四は、中行なり。公に告げて從わる。用て依ることを爲し國を遷すに利ろし。
九五は、孚有りて惠心あり。問うこと勿くして元いに吉なり。孚有りて我が德を惠とす。
上九は、之を益すこと莫し。或は之を?つ。心を立つること恆勿し。凶なり。

益は益すの意。上卦初爻の陽を損して陰とし、下卦初爻の陰を益して陽とする。
上、君を損して、下の民を益する。
下厚ければ、上もまたやすらか。2爻と5爻が居正であるから吉。
益とは動いて(雷)従う(風)こと。日ごとに限りなく前進していく。
※五爻は専断ができる。

初九:陽剛居初。低い地位にいるとはいえ、今は上を損して下を益するとき。六四の助けも得られるのであるから、大いに行動して功績をたてるのによろしい。
六二:陰柔中正。明主が在下の賢臣を信任する。陰柔なだけに信念を保ちづらいが、いつまでも貞正を固守しうれば吉である。
六三:陰柔不中不正。しかし、上九の助けを得ることができるから、何事も試練と心得、誠実に取り組めば吉。
六四:柔順居正。おのれを損して下を益するが、君位にいるわけではないから専断はできない。
しかし、自分の所信を君に申告すれば力を貸してくれるであろう。
九五:陽剛中正。誠意をもって下を益そうという仁恵の心に満ちているから、吉でないはずがない。
上九:過剛居極。自分の利益ばかり考えて、下を益そうと言う気持ちはない。(その言い分が自分ひとりの利益に偏っている)
従って下の人から非難攻撃を受けることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です