43沢天夬|六十四卦の意味と解説

沢天夬

乾下兌上 夬

夬、揚于王庭。孚號、有厲。告自邑。不利?戎。利有攸往。

【読み】
夬[かい:けつ]は、王庭に揚ぐ。孚ありて號び、厲[あや]うきこと有り。告ぐること邑よりす。戎に?くに利ろしからず。往く攸有るに利ろし。

初九、壯于前趾。往不勝。爲咎。
九二、惕號。莫夜有戎勿恤。
九三、壯于?。有凶。君子夬夬。獨行遇雨。若濡有慍、无咎。
九四、臀无膚。其行次且。牽羊悔亡。聞言不信。
九五、?陸。夬夬。中行无咎。
上六、无號。終有凶。
【読み】
初九は、趾[あし]を前[すす]むるに壯んなり。往きて勝たず。咎を爲す。
九二は、惕れて號ぶ。莫夜に戎有れども恤うること勿かれ。
九三は、?[つらぼね]に壯んなり。凶有り。君子は夬[さ]るべきを夬る。獨り行きて雨に遇う。濡るるが若くにして慍[いか]らるること有れども、咎无し。
九四は、臀に膚无し。其の行くこと次且[ししょ]たり。羊を牽けば悔亡ぶ。言を聞くも信ぜず。
九五は、?陸[けんりく]なり。夬るべきを夬る。中行なれば咎无し。
上六は、號ぶこと无かれ。終に凶有り。

夬は決去、決断、決解の意。五陽が一陰を決去する。君子が小人を排除する形。
さて、小人を決去する際は、まずその罪を揚言し、公然と進めていくべきである。
徳を持って相手に反省させることが必要である。

初九:陽剛居初無応。小人を決去する初めだが、徳が足りず前進しても勝てない。(足元が弱い)
九二:陽剛居中。陽剛の徳を持ちながら柔中の位にいるので、めったなことが無ければ前進しない。敵襲があっても大丈夫。
九三:過剛居正。意気が盛んで、気持ちが早やっている。人の怒りを受けることがあるかもしれないが、その本領を忘れなければ咎はない。
感情に任せて行動すると凶となる。
九四:陽剛不中不正。意思があっても卑弱。例えば座ろうと思っても尻の皮がむけて落ち着いて座れぬよう。
しかし、自分ひとりで行こうとせず、諸侯と共に行動すれば咎も解消するであろう。聞く耳を持たないのはおろかである。
不中正の陽は落ち着きがない。
九五:陽剛中正。中心人物であるが、上六と近いため、これと慣れ親しんで濡れる。しかし中庸の心を忘れなければ咎はない。
→上六は居正だから、悪い人物でも隙を見せないから動くタイミングが無い。
上六:陰柔居極。決去される運命の小人であるから、いくら泣き叫んでもダメ。凶である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です