44天風姤|六十四卦の意味と解説

天風姤

巽下乾上 姤

姤、女壯。勿用取女。
【読み】
姤[こう]は、女壯んなり。用[もっ]て女を取[めと]ること勿かれ。

初六、?于金?。貞吉。有攸往、見凶。羸豕孚?躅。
九二、包有魚。无咎。不利賓。
九三、臀无膚。其行次且。厲无大咎。
九四、包无魚。起凶。
九五、以杞包瓜。含章。有隕自天。
上九、?其角。吝无咎。
【読み】
初六は、金?[きんじ]に?ぐ。貞しくして吉なり。往く攸有れば、凶を見る。羸豕[るいし]孚に?躅[てきちょく]たり。
九二は、包[つと]に魚有り。咎无し。賓に利ろしからず。
九三は、臀に膚无し。其の行くこと次且[ししょ]たり。厲[あや]うけれども大いなる咎は无し。
九四は、包に魚无し。起てば凶なり。
九五は、杞を以て瓜を包む。章[あや]を含む。天より隕[お]つること有り。
上九は、其の角に姤[あ]う。吝なれども咎无し。

姤は遇うの意。一陰生じて初めて陽に遇う。しかしながら一女で五男に遇うのは不貞の女。
こんな女とは長く一緒に住めるわけがない。

危険・不安(陰)が忍び寄っているともとれる。
天の下に風がある。風が天下に吹きわたればその恩恵は万物に行き渡る。

初六:一陰が五陽に当たる女壮。これ以上勢いを増しては困るから、しっかりつなぎとめておかなければならない。
もし、勝手に先に進ませるようであれば凶である。
九二:陽剛居中。初陰と出会いそれをぴたりと抑え込む。例えば魚を葉っぱで包むようなもの。
もし、他の陽のところまで通わせることがあっては凶である。
九三:過剛不中。初六はすでに九二に抑え込まれているし、自分に応じる爻もない。行こうと思ってもいける場所がない。
(手持無沙汰)
九四:陽剛不正。初六の正応であるが、すでに初六は九二におさえこまれていて、自分とは合わぬ。包に魚が無い。
強引に動くと凶である。
九五:陽剛居正。君主の高位にあってその徳で小人を抱擁する。
上九:陽剛居極。頭上の角に例えられる。その角にあってはるか遠くの初六に遭えるはずもない。
剛強に過ぎて度量が狭いので陰に誘惑されることはないが、恥(吝)はある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です