45沢地萃|六十四卦の意味と解説

沢地萃

坤下兌上 萃

萃、亨。王假有廟。利見大人。亨。利貞。用大牲吉。利有攸往。
【読み】
萃[すい]は、亨る。王有廟に假[いた]る。大人を見るに利ろし。亨る。貞しきに利ろし。大牲を用いて吉なり。往く攸有るに利ろし。

初六、有孚不終。乃亂乃萃。若號、一握爲笑。勿恤。往无咎。
六二、引吉。无咎。孚乃利用?。
六三、萃如、嗟如。无攸利。往无咎。小吝。
九四、大吉。无咎。
九五、萃有位。无咎。匪孚、元永貞、悔亡。
上六、齎咨涕洟。无咎。
【読み】
初六は、孚有るも終わらず。乃ち亂れ乃ち萃[あつ]まる。若し號べば、一握して笑いを爲さん。恤うること勿かれ。往けば咎无し。
六二は、引かれて吉なり。咎无し。孚あれば乃ち?[やく]を用うるに利ろし。
六三は、萃如たり、嗟如たり。利ろしき攸无し。往けば咎无し。小しく吝なり。
九四は、大吉なり。咎无し。
九五は、萃めて位を有つ。咎无し。孚とせられざれども、元永貞なれば、悔亡ぶ。
上六は、齎咨[せいし]涕洟[ていい]す。咎无し。

萃は集まる。
下の三陰が君に従う。
人が坤(したがって)しかも兌(よろこぶ)、九五が六二に応ずる。だから人が集まるのである。
沢水が地上に集まってモノを潤す。
ただ、人や物が集まれば不慮の変も生じやすい。

初六:陰柔居初。九四との正応関係にあるが、2、3爻に阻まれ、志を遂げることが出来ぬ象。しかし、結局は九四に助けられるのであるから、気持ちを大きく持っていい。
六二:柔順中正。二陰に挟まれているが、九五の正応であるから咎はない。
六三:陰柔不中正。応爻もないから人と集まろうとしても、その望みは叶わない。すぐ上の九四にいけば彼は巽順の徳を備えているから助けてくれるが、それも少しだけである。
九四:陽剛不正。しかし、上の九五にちかくしてこれに集まるし、三陰を順附させているから大吉である。
九五:陽剛中正。天下の人を集めて、君位を保有するから咎はない。たとえ自分の誠意に疑いをかけて信服しない人がいても、堂々と正しい行いを続ければ、信服を得る。
上六:陰柔居極。共に集まり楽しむ人を得ることができず、その地位に安んずることができない。
無位の高位で実が無く、下に応爻もなく孤立し嘆き悲しむ。しかし咎を受けることはない。
→相手にしてくれない。誰も攻撃はしてこない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です