46地風升|六十四卦の意味と解説

地風升

巽下坤上 升

升、元亨。用見大人。勿恤。南征吉。
【読み】
升は、元いに亨る。用[もっ]て大人を見る。恤うること勿かれ。南征すれば吉なり。

初六、允升。大吉。
九二、孚乃利用?。无咎。
九三、升?邑。
六四、王用亨于岐山。吉无咎。
六五、貞吉。升階。
上六、冥升。利于不息之貞。

【読み】
初六は、允に升る。大吉なり。
九二は、孚あれば乃ち?[やく]を用うるに利ろし。咎无し。
九三は、?邑に升る。
六四は、王用て岐山に亨す。吉にして咎无し。
六五は、貞しければ吉なり。階[きざはし]に升る。
上六は、冥[くら]くして升る。息まざるの貞に利ろし。

升は昇る。木の地中に生じて天に昇る象。明るい南の方へ行けば吉。
柔(九五)が程よい時に天に昇ると喜びがある。
木が昇るということは、土の栄養を奪うということ。研鑽に励めば芽が出る。
土←木

初六:柔順居下。上の二陽と志を合せて本当に昇進することができるから大吉である。
九二:陽剛居中。剛中の徳を持って六五に応じる。誠意があれば吉となる。
九三:陽剛居正。昇り進んでもこれを妨げるものは無く、無人の村に入っていくようなものである。
六四:柔順居正。王者はこの様な順徳有能な者をもちいて、祭りをおこなうべきである。吉。
六五:柔順居中。有能な巨下を用いれば吉であり、階段を上るようにやすやすと進むことができる。
上六:陰柔居極。むやみに上に昇る事ばかりを考えて自重するすべを知らない。態度を一変して貞正に振る舞うことが吉である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です