47沢水困|六十四卦の意味と解説

沢水困

坎下兌上 困

困、亨。貞。大人吉。无咎。有言不信。
【読み】
困は、亨る。貞し。大人は吉なり。咎无し。言うこと有るも信ぜられず。

初六、臀困于株木。入于幽谷、三歳不覿。
九二、困于酒食。朱?方來。利用亨祀。征凶。无咎。
六三、困于石、據于?藜。入于其宮、不見其妻。凶。
九四、來徐徐。困于金車。吝、有終。
九五、??、困于赤?。乃徐有?。利用祭祀。
上六、困于葛?于??。曰動悔。有悔征吉。
【読み】
初六は、臀株木に困しむ。幽谷に入りて、三歳まで覿[み]ず。
九二は、酒食に困しむ。朱?[しゅふつ]方に來らんとす。用[もっ]て亨祀するに利ろし。征けば凶なり。咎无し。
六三は、石に困しみ、?藜[しつれい]に據る。其の宮に入りて、其の妻を見ず。凶なり。
九四は、來ること徐徐たり。金車に困しむ。吝なれども、終わり有り。
九五は、?[はなき]られ?[あしき]られ、赤?[せきふつ]に困しむ。乃ち徐[おもむ]ろに?び有り。用て祭祀するに利ろし。
上六は、葛?[かつるい]に??[げつこつ]に困しむ。曰[ここ]に動けば悔あり。悔ゆること有れば征きて吉なり。

困は困窮。
坎卦が沢卦に蔽われている。
九二が初・三の2爻、九五と九四が上六に覆われて苦しむ。
しかし、忍耐を重ねれば必ず通る。
貞正が大事であってこれを守り通せる大人なら、吉であって咎はない。
ただ、困窮に際してはいくら熱弁をふるっても相手から信用されることはないから、沈黙を守る方がよい。
険(坎)にありながら悦(兌)を忘れないとは真の君子にしかできないことである。
また、大人は吉というのは剛(九五と九二)中を得ているからである。
☆沢に水が無いのが困である。君子たるものは困窮欠乏の状態にあっても大義を貫く。

初六:陰柔不正。困窮甚だしいい。深い谷に入って三年間人の顔を見れないようなもの。
九二:陽剛居中。有為の才能を抱きながらも2陰に挟まれて苦しみ、わずかな酒食でそのうっ憤を晴らすような状況。
じっとしておけば、いずれ九五がやってきて、上昇していける。心を清めて待つべき時。
六三:陰柔不中正。困窮甚だしい。進もうと思えば上の九四の剛が岩のようにそびえたっているし、下を見ると九二の剛に乗っていて、いばらの上に腰を据えたようでいたたまれない。
そのうえ正応もないから、家に帰っても妻は逃げてその姿を見ることはできない。
九四:陽剛不中正。その才徳が足らぬために正応の初六は九二と慣れ親しんで、やってきたがのろのろしている。☆九四にしてみれば九二の為に苦しむ。しかし結局正応を得る。
九五:陽剛中正。上は上六の陰に蔽われ、下は六三の陰に迫られる。せっかく用意したものも台無しにされ、惨めな思いをする。
しかし、やがて九二の賢巨があらわれ、おもむろに喜びを味わえる時が来る。誠意を尽くして祭祀のことに当たれば良い。
上六:陰柔居極無応。上人のみで九五剛陽の君子の上にあるから、不安動揺で苦しむ。こんな時に行動すれば後悔するが、自分の身の小人としての至らなさを悔い改めてから先に進めば吉である。
自ら言って反省する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です