48水風井|六十四卦の意味と解説

水風井

巽下坎上 井

井、改邑不改井。无喪无得。往來井井。?至亦未?井。羸其瓶。凶。
【読み】
井は、邑を改むるも井を改めず。喪うこと无く得ること无し。往くも來るも井を井とす。?[ほとん]ど至らんとして、亦未だ井に?[つりいと]せず。其の瓶[つるべ]を羸[やぶ]る。凶なり。

初六、井泥不食。舊井无禽。
九二、井谷射鮒。甕敝漏。
九三、井渫不食。爲我心惻。可用汲。王明竝受其福。
六四、井甃。无咎。
九五、井冽、寒泉食。
上六、井收勿幕。有孚元吉。
【読み】
初六は、井泥して食らわれず。舊井に禽无し。
九二は、井谷鮒に射[そそ]ぐ。甕敝[やぶ]れて漏る。
九三は、井渫[さら]えたれども食らわれず。我が心の惻[いた]みを爲す。用[もっ]て汲む可し。王明らかなれば竝[とも]に其の福を受けん。
六四は、井甃[いしだたみ]す。咎无し。
九五は、井冽[きよ]くして、寒泉食らわる。
上六は、井收[く]みて幕[おお]うこと勿かれ。孚有れば元いに吉なり。

井(せい)は井戸。水に木を入れ水を引き上げる象。
井戸はいくらくみ上げても枯れることはなく、またくみ上げないからといってあふれ出ることはない。
⇒(癸+己、殺虫の井戸は、、あふれ出てくるんじゃないか?)
井戸は人を養う。しかし、暗くて見えずらいところから引き出す。陰気さがある。扱い方が大切。

初六:陰柔居下無応。才能が薄く物の役に立たないこと。井戸が泥で濁り飲み水として使えない。
九二:陽剛居中無応。才徳が皆無ではないといえど、まだそれを十分に発揮できる地位にいない。まだ井戸の水位が低く、やっとそれをすくえる程度。
九三:陽剛居正。才徳は備わっているが、これを認めて登用してくれるものが現れなければならない。井戸の水が清く澄んでいるのに、これを誰も飲まない。みずからの心は痛むのだ。
六四:柔順居正。すべてに用意ができていて、人に用いられるのを待つだけだ。
九五:陽剛居正。井戸の水が清く澄み、冷たい水が人に飲まれるようになった(陽爻)状態。人君の功徳が善美で、民がその恩沢を受ける。
上六:柔順居正。応来の人々が誰でも自由にこれを利用できる。お寺の水くみ場。人の期待を裏切らないだけの誠意があれば大吉。
陰陽陰陽陽陰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です