49沢火革|六十四卦の意味と解説

沢火革

離下兌上 革

革、已日乃孚。元亨。利貞。悔亡。
【読み】
革は、已日にして乃ち孚とせらる。元いに亨る。貞しきに利ろし。悔亡ぶ。

初九、鞏用黄牛之革。
六二、已日乃革之。征吉、无咎。
九三、征凶。貞厲。革言三就、有孚。
九四、悔亡。有孚改命、吉。
九五、大人虎變。未占有孚。
上六、君子豹變。小人革面。征凶。居貞吉。
【読み】
初九は、鞏[かた]むるに黄牛の革を用う。
六二は、已日にして乃ち之を革む。征けば吉にして、咎无し。
九三は、征けば凶なり。貞しけれども厲[あや]うし。革言三たび就[な]れば、孚有り。
九四は、悔亡ぶ。孚有りて命を改むれば、吉なり。
九五は、大人虎變す。未だ占わずして孚有り。
上六は、君子は豹變す。小人は面を革む。征けば凶なり。貞しきに居れば吉なり。

革は革命革新。(水火相争い減息する。)時が正しければ人々もこれに心服する。
その動機実践共に貞正でなければならない。
中女(離)と少女(沢)が同じ家にいて、少女が上におり、中女が下におり、火が水を乾かすか、水が火を消すか、互いに気持ちの合わない状態。
これを革というのである。(気持ちが合わない⇒仕組みや順序がおかしい。)
離(文明)の徳があり、人々がこれを兌(喜ぶ)のであるから、正しく行えば吉である。

初九:陽剛居初無応。まだその期が熟さぬ。今は身を固める事。
六二:柔順中正正応。すでに革む日に至ってこれを革する時。進んでことを断行して吉。
九三:過剛不中。事に当たっていささか早急に失しやすい。したがって軽率に進めば凶である。しかし、衆議が三度までまとまれば事を断行しても衆人の信が得られる。
九四:陽剛居柔。位が不当であるから本来は凶であるが、陽剛の徳をもって事を革しようとするのであるから、その悔いも消える。吉。
九五:陽剛中正。大事業を完遂して立派な業績を挙げる。大人虎変すとは、寅の毛が生え変わって、さらに美しくなることを言う。
上六:柔順居正。改革の事業は重大な事であるから、しばしば民生を疲弊させるようなことは凶である。引き際も重要だ。

己(巳)は既に至るの意。十干は戊己が中心にあり、己になれば真ん中を過ぎるゆえに、盛りを過ぎて改革すべき時とする。
これは暴力革命ではない。
革は自然の運行を主としてみている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です