50火風鼎|六十四卦の意味と解説

火風鼎

巽下離上 鼎

鼎、元吉亨。
【読み】
鼎[てい]は、元いに吉にして亨る。

初六、鼎?趾。利出否。得妾以其子。无咎。
九二、鼎有實。我仇有疾。不我能?。吉。
九三、鼎耳革、其行塞。雉膏不食。方雨虧悔。終吉。
九四、鼎折足、覆公?。其形渥。凶。
六五、鼎黄耳金鉉。利貞。
上九、鼎玉鉉。大吉、无不利。
【読み】
初六は、鼎[かなえ]趾[あし]を?[さかしま]にす。否を出だすに利ろし。妾を得て以て其の子あり。咎无し。
九二は、鼎に實有り。我が仇に疾有り。我に?くこと能わず。吉なり。
九三は、鼎の耳革まり、其の行塞がる。雉の膏食らわれず。方に雨ふらんとして悔を虧[か]く。終には吉なり。
九四は、鼎足を折り、公の?[あつもの]を覆す。其の形渥[あく]たり。凶なり。
六五は、鼎黄耳金鉉あり。貞しきに利ろし。
上九は、鼎玉鉉あり。大吉にして利ろしからざること无し。

鼎はかなえ。煮炊きに用いる器。
木を火に入れて燃やす象でもある。
何を煮炊きするのか?それは献上するものを作っている。
神聖な火であり、木であり、器である。
内に巽順(巽)の徳があり、外に耳目聡明(離)であり、
柔(六五)が進んで下へ行き、中位を得て九二に応ずる。
(↑これから九二より六五へ渡される)

初六:陰柔居下。鼎の足にあたる。最下位の地位にあって九四に応じようとする。鼎が逆さまになって、足が天を向いた状態。
中身がこぼれ出てしまうが、底の泥(陰)を吐き出すという点でむしろ良い。一見すると情動に反する行為だが結果は悪くない。(九四に従うなら)
九二:陽剛居中。鼎の腹中に中身が満たされている。六五の正応に応じようとするが、初六の嫉妬がある。身を固く守ってれば初六がとりつくこともない。
才能がある。それだけに進む道を正しく定めることが大切。
九三:陽剛居正。九二とおなじくその中身が満たされている状態であるが、正応を持たない(六五には応じられない)。取っ手のない鼎のようにその中身を食べてもらえない。
しかし、やがて陰陽相和して雨を得ることになるだろうから最後は吉である。
九四:陽剛不正。せっかく君位に近い身分でありながらも才徳がそれに適わない。初六の小人と通じて失敗を招く。鼎の足が折れ、君の前で恥をかくようなもの。凶。
六五:柔順居中。柔中の徳を備え勲位になる。さらに上九の助けを得て恩沢を下に及ぼすことができるから吉である。
上九:陽剛居陰。剛柔不偏で程よきを得ている状態。硬剛でしかも柔潤であり、大吉。

節=ほどよさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です