51震為雷|六十四卦の意味と解説

震為雷

震下震上 震

震、亨。震來??。笑言??。震驚百里、不喪匕鬯。
【読み】
震は、亨る。震の來るとき??[げきげき]たり。笑言??[あくあく]たり。震は百里を驚かせども、匕鬯[ひちょう]を喪わず。

初九、震來??。後笑言??。吉。
六二、震來厲。億喪貝、躋于九陵。勿逐。七日得。
六三、震蘇蘇。震行无?。
九四、震遂泥。
六五、震往來厲。意无喪有事。
上六、震索索。視矍矍。征凶。震不于其?、于其鄰、无咎。婚媾有言。
【読み】
初九は、震の來るとき??たり。後には笑言??たり。吉なり。
六二は、震の來るとき厲[あや]うし。億[ああ]貝を喪い、九陵に躋[のぼ]る。逐うこと勿かれ。七日にして得ん。
六三は、震いて蘇蘇たり。震いて行けば?[わざわ]い无し。
九四は、震いて遂に泥む。
六五は、震いて往くも來るも厲うし。意[ああ]有事を喪うこと无し。
上六は、震いて索索たり。視ること矍矍[かくかく]たり。征けば凶なり。震うこと其の?に于[おい]てせず、其の鄰に于てすれば、咎无し。婚媾言有り。

震は雷鳴、震動の意。
雷鳴がとどろいても、神意を持った人なら慌てふためくことはない。
震は恐れ慎むことによって福を招く。
この様な時には恐れ慎んでわが身を修め反省をする。

初九:陽剛居初。剛徳あって良く身を修め、吉。剣道の蹲踞そんきょ。
六二:陰柔中正。震雷が襲ってきたときは、お金のことなどほったらかして、自分を身の安全を確保すること考えるべきである。
お金のことはしいて後追いせずも、七日後には帰ってくる(七分くらいは返ってくる)。
六三:陰柔不中正。震雷に驚いて茫然自失する。恐れ慎んで初九と協力し退避すれば咎は避けられる。
九四:陽剛不中正。しかも3、5の陰に挟まれているから、泥にはまったように滞って、正しく身を処することができない。
六五:陰柔居中。警戒を要する。恐れおののいて、往来ともに危険な時であるが、よく思慮して祭事を失わぬようにつとめるべきである。
上六:陰柔居極。雷の極爻にて不安定甚だしい。こんな状態で事を起こそうとすれば失敗するに決まっている。岩の上に座り、滝に打たれていると思う(修行)
実は地面は動いていない(もうどうしてはいけない)

祭事というのが必要。
祭る、ということが大切。身を任せる。
震は不安定。 艮は安定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です