52艮為山|六十四卦の意味と解説

艮為山

艮下艮上 艮

艮其背、不獲其身。行其庭、不見其人。无咎。
【読み】
其の背に艮[とど]まりて、其の身を獲ず。其の庭に行きて、其の人を見ず。咎无し。

初六、艮其趾。无咎。利永貞。
六二、艮其腓。不拯其隨。其心不快。
九三、艮其限。列其?。厲薫心。
六四、艮其身。无咎。
六五、艮其輔。言有序。悔亡。
上九、敦艮。吉。
【読み】
初六は、其の趾[あし]に艮まる。咎无し。永貞に利ろし。
六二は、其の腓[こむら]に艮まる。其の隨うところを拯[すく]わず。其の心は快からず。
九三は、其の限[こしぼね]に艮まる。其の?[せぼね]を列[さ]く。厲[あや]うきこと心を薫[や]く。
六四は、其の身に艮まる。咎无し。
六五は、其の輔[ほほぼね]に艮まる。言に序有り。悔亡ぶ。
上九は、艮まるに敦し。吉なり。

艮とは止まって動かないこと。
人体で言えば背中の部分。
止まる時には止まって、行くべき時には行く。静動とともにその時期を失しなければ、その道は光明である。
上下六爻に全て応が無く、陽は陽、陰は陰で、敵応して引き合うことが無い。
身の欲は遂げ得られず、外の誘惑に心が動かされないから、咎なきを得るのだ。

初六:陰柔居初。最下位の地位だから、人体で言えばくるぶしに当たる。くるぶしは本来なら真っ先に動くものだが、止まるべくして止まっているから咎はない。
まだ、正しさを失っていないということ。(陰はOFF動かない)
六二:陰柔中正。中を得ているが陰柔なので剛陽の三爻につられて動いてしまう。
つい、相手の不正をただすことをせずに、その動きに従ってしまうから、内心面白くない。(相手が自分の意見に耳を貸さない)
九三:過剛不中。上下卦の境目にあって、強引に動こうとしない。人体で言えば腰に当たり、腰が動かなければ人体は自由を失い、無理に動こうとすれば背骨がバラバラになる。
六四:陰柔居正無応。他人を正する力はないが、自分は貞正を守るから咎はない。
六五:柔順居中。言語を正しく身を正しくするから頬骨に止まる象。言語を慎むからいざいう時にはいざいう時には筋道に合ったことを言い、したがって咎は消える。
上九:陽剛居正。止まることの極致で、敦厚堅実に止まるところに止まるのであるから吉である。

⇒止まる。とう感覚が大切。どこに止まるのか?ルーレットと一緒。遅くても早くてもダメ。長くても短くてもダメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です