54雷沢帰妹|六十四卦の意味と解説

雷沢帰妹

兌下震上 歸妹

歸妹、征凶。无攸利。
【読み】
歸妹[きまい]は、征けば凶なり。利ろしき攸无し。

初九、歸妹以?。跛能履。征吉。
九二、眇能視。利幽人之貞。
六三、歸妹以須。反歸以?。
九四、歸妹愆期。遲歸有時。
六五、帝乙歸妹。其君之袂、不如其?之袂良。月幾望。吉。
上六、女承筐无實、士?羊无血。无攸利。
【読み】
初九は、妹を歸がしむるに?を以てす。跛[あしなえ]能く履む。征けば吉なり。
九二は、眇[すがめ]能く視る。幽人の貞に利ろし。
六三は、妹を歸がしむるに須を以てす。反歸して?を以てす。
九四は、妹を歸がしむるに期を愆[すご]す。歸ぐを遲[ま]つこと時有り。
六五は、帝乙[ていいつ]妹を歸がしむ。其の君の袂は、其の?の袂の良きに如かず。月望に幾し。吉なり。
上六は、女筐を承くるに實无く、士羊を?[さ]くに血无し。利ろしき攸无し。

帰妹とは妹を嫁がせるの意。
兌の少女が震の長男に嫁ぐ。女子が嫁ぐにあたっては自ら先だって行為を起こすのは不祥であり、全てに良くない。
この行為が無ければ万物が発生しない。だから帰妹こそ人倫の終始を成す。
喜んで(兌)動い(震)で嫁いでいくのが少女である。
2~5爻が全て陰陽の正居を外れている。故に自ら動くのは良くない。
⇒嫁ぐときの様に、初めがわるいと結果も悪いことを言っている。

初九:陽剛居下無応。地位が卑しく正応がないということは、帰妹の際に正夫人として嫁ぐべきではないと言っている。
ただ、どうにか婦道を尽くして夫に仕えることはできる。進んで吉。
九二:陽剛居中の身で六五陰柔の人に仕える。賢女の身で愚夫を得た形。せっかく内助の功をつくしてもうだつが上がらない
六三:陰柔不中正無応。正夫人たりえない。
九四:陽剛無応。賢女が良配を得られずに婚期を逃す象。
六五:柔順居中。高い位にありながら身を下して九二の賢に嫁ぐ。このような場合は徳も高く、位も貴いのであるから、きらびやかに着飾る必要もない。
その内面的な美しさが自然と光り輝く。
上六:陰柔居極無応。徳が薄く配偶を得られない。せっかく婚約をかわしてもその結婚は成立しない。
嫁入りの竹籠を受け取ったが何も入っていない。誠意がないから結ばれることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です