56火山旅|六十四卦の意味と解説

火山旅

艮下離上 旅

旅、小亨。旅貞吉。
【読み】
旅は、小しく亨る。旅にては貞しければ吉なり。

初六、旅瑣瑣。斯其所取災。
六二、旅?次。懷其資、得童僕貞。
九三、旅焚其次。喪其童僕。貞厲。
九四、旅于處。得其資斧。我心不快。
六五、射雉、一矢亡。終以譽命。
上九、鳥焚其巣。旅人先笑、後號?。喪牛于易。凶。
【読み】
初六は、旅して瑣瑣たり。斯れ其の災いを取る所なり。
六二は、旅して次[やどり]に?く。其の資[かね]を懷き、童僕の貞を得。
九三は、旅して其の次を焚かる。其の童僕を喪う。貞しけれども厲[あや]うし。
九四は、旅して于[ここ]に處る。其の資斧を得。我が心快からず。
六五は、雉を射て、一矢亡う。終に以て譽命あり。
上九は、鳥其の巣を焚かる。旅人先ず笑い、後には號き?ぶ。牛を易に喪う。凶なり。

旅は旅すること、また旅人をさす。
山上の火が次々と燃え移って一所にとどまらない。
旅して他郷にあれば、親戚旧故の頼るべき者がおらず不便のことも多いから、万事につけて大いに亨ということはないが、自重すれば少しく亨。
旅の恥は?き捨てというような心は持たずに、常に貞正を守って行動をすれば吉である。
旅は柔(六五)が外卦の中位を得て、上下の剛に従い、止まるべき時に止まって(艮)、明に附く(離)という卦であるからだ。
明察(離)と静止(艮)にのっとり明らかに慎んで刑罰を施行し、獄を滞らさぬように心がける。

初六:陰柔居下。旅に出ても心がせかせかと落ち着かない。かえってこれでは禍を招くことになるだろう。(手持ち不足か、体調不良か、準備不足など)
六二:陰順中正。旅に出て無事に宿場につき、懐には銀がたっぷり。さらには童僕は忠実にしてくれる(最後まで咎なく済む)
九三:過剛不中。旅に出てせっかくしばし休む宿を見つけたと思ったら、その宿屋は焼かれてしまい(上卦は離火)召使の若い者も手荒い扱いに愛想をつかして行方知れず。
たとえ旅に出た目的は貞正であったとしても、危険である。
☆三爻は上卦の影響をもろに受ける
九四:陽剛不正。旅に出てどうにか腰を落ち着ける場所は得られるものの、しふ「資」とは、陽的で実りのあるものであり、「斧」とは、豪快なものを断ずることである。を得ても、その心は快くない。
345爻は兌で刀であり、斧である。234爻は巽で木である。これを組み合わせて斧。
つまり、他国に出て不自由のない待遇を受けても、己の志を行うべき官職を受けないので、その心は本当には安んじていない。
六五:柔順居中。雉を射て、矢の一本位は損をしても、やがてはこれを手に入れることができ、最後には名誉と爵命をおのれのものにするよう。
その立派さが上の人の耳にも達する。
上九:過剛居極。旅に出ておごり高ぶり、人に憎まれて安んずる場所を得ない。例えば高い木の上に巣を作った鳥がその巣を焼かれるようなもの。
初めはおごり高ぶって笑っているが、後には泣き叫ぶような破目に陥る。牛を易(国境)で見失ってしまうようなもの。凶である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です