57巽為風|六十四卦の意味と解説

巽為風

巽下巽上 巽

巽、小亨。利有攸往。利見大人。
【読み】
巽[そん]は、小しく亨る。往く攸有るに利ろし。大人を見るに利ろし。

初六、進退。利武人之貞。
九二、巽在牀下。用史巫紛若。吉、无咎。
九三、頻巽。吝。
六四、悔亡。田獲三品。
九五、貞吉悔亡。无不利。无初有終。先庚三日、後庚三日。吉。
上九、巽在牀下。喪其資斧。貞凶。
【読み】
初六は、進み退く。武人の貞に利ろし。
九二は、巽いて牀下に在り。史巫を用うること紛若たり。吉にして、咎无し。
九三は、頻りに巽[したが]う。吝なり。
六四は、悔亡ぶ。田[かり]して三品を獲。
九五は、貞しければ吉にして悔亡ぶ。利ろしからざること无し。初め无くして終わり有り。庚に先だつこと三日、庚に後るること三日。吉なり。
上九は、巽いて牀下に在り。其の資斧を喪う。貞しけれども凶なり。

〔彖傳〕重巽以申命。剛巽乎中正而志行、柔皆順乎剛。是以小亨。利有攸往、利見大人。
【読み】

巽は巽順。従って入るの意。
巽の一陰が下の二陽に下り従う。
人に従ってはいることを心がければ、まずまずは無難に亨る。
巽が二つ重なっているのは「命令」を重ねて繰り返すという意味である。
5が中正の道に従って行動するからその意思が行われ、柔(初、四)はみなその上に居る剛に従う態度を持している。

初六:陰柔居下。上に居る陽剛に抑えられ、進んだり引いたり、行動に果断さを欠く。信じるところに徹する覚悟を持つのがよろしい。
九二:陽剛居中。巽順の態度が度を過ぎる。人に行っては卑屈だ。ただ、神に仕えるように動いていくのであれば吉である。
九三:過剛不中。不遜の心を抱きながら、うわべだけはしきりに巽順を装う。本当の巽順でないから咎である。
六四:柔順居正。正応もなく、上下の陽に挟まれているため本来なら悔いのあるべき状態ながら、柔順で巽順の正道を得ているからその悔いも消滅する。
田に出れば(上・中・下)三品の肉を手に入れることができる=成功する。
九五:陽剛中正。ただ、正応を持たぬ点で悔いがあるように見えるけれども、中正の徳をまもり貞正にしていれば吉であって、その悔いも消滅し、万事につけてよろしくないことはない。
つまり、初めはよくなくても終わりは良い。物事を変更しようとする場合はその先後をよく丁寧にはかり進めていけば吉である。
上九:過剛居極。九二とおなじく、巽順が過ぎてベッドの下に這いつくばる象。その揚句にはせっかく陽剛のわが身を守るべき資斧をも失ってしまう。貞正であっても凶である。
上位に居て行き詰る。その資斧を失うというのは、まさしく凶である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です