58兌為沢|六十四卦の意味と解説

兌為沢

兌下兌上 兌

兌、亨。利貞。
【読み】
兌[だ:えつ]は、亨る。貞しきに利ろし。

初九、和兌。吉。
九二、孚兌。吉、悔亡。
六三、來兌。凶。
九四、商兌未寧。介疾有喜。
九五、孚于剥。有厲。
上六、引兌。
【読み】
初九は、和して兌[よろこ]ぶ。吉なり。
九二は、孚[まこと]ありて兌ぶ。吉にして、悔亡ぶ。
六三は、來りて兌ぶ。凶なり。
九四は、商[はか]りて兌ぶも、未だ寧からず。介[かた]く疾[にく]めば喜び有り。
九五は、剥に孚あり。厲[あや]うきこと有り。
上六は、引きて兌ぶ。

兌はよろこぶ。一陰が二陽の上に乗り、喜びが外にあふれる。
人によろこばれれば亨るのは当然であるが、ただよろこばれるのは貞正をもってするのがよろしい。
よろこぶということの意味は重大であり、人民もこれによって道に励むことができる。

癸が重なる。
通変星で言えば食神の年運の月運も食神か。
断ることが容易ではない。

初九:陽剛居正無応。陽剛正直の徳を持して卑下の地位におり、みだりに偏私することなく、人と和してよろこぶ象で、吉。
九二:陽剛居中。六三の陰に私比するというてんで本来ならば悔いのあるみだが、誠の心でもって人と和悦することを心がければ吉である。
六三:陰柔不中正でしかも無応。きて下の九二とひそかに悦を通ずる象であるから、凶である。
九四:陽剛不正。九五中正の人に近づき、また在下六三の陰柔にも心をひかれ、どちらと悦を共にしようかとはかりかねて、容易に決心がつかぬ象。
ただ、もとより剛陽の性格なのだから、思い切って断固たる態度で六三の柔邪を憎しみ退ける決心をつければやがては吉を得る。
九五:陽剛中正居尊の身ではあるが、上六に高比しているので、陰柔の身で陽を剥害しようとしている者(上六)をまごころから信じて親しもうとするから、危険である。
上六:陰柔居極。兌の極みであって在下の二陽を引き入れて喜び合う象。 光明正大な事とは言われない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です