59風水渙|六十四卦の意味と解説

風水渙

坎下巽上 渙

渙、亨。王假有廟。利渉大川。利貞。
【読み】
渙は、亨る。王有廟に假[いた]る。大川を渉るに利ろし。貞しきに利ろし。

初六、用拯馬壯。吉。
九二、渙奔其机。悔亡。
六三、渙其?。无悔。
六四、渙其羣。元吉。渙有丘。匪夷所思。
九五、渙汗其大號。渙王居、无咎。
上九、渙其血去。逖出。无咎。
【読み】
初六は、用[もっ]て拯[すく]うに馬壯んなり。吉なり。
九二は、渙のとき其の机に奔る。悔亡ぶ。
六三は、其の?を渙[ち]らす。悔无し。
六四は、其の羣を渙らす。元いに吉なり。渙るときは丘[あつ]まること有り。夷[つね]の思う所に匪ず。
九五は、渙のとき其の大號を汗す。渙のとき王として居るも、咎无し。
上九は、其の血[いた]みを渙らせば去る。逖[おそ]れ出づ。咎无し。

渙とは渙散。散らすの意。
風が水上にあって、水を吹き散らす。しかし、散らされたものはまた集まる。
渙散した祖先の霊魂を祭祀によって結集するように。
従ってこの卦を得たものは祭祀によってこころを集めるようにすることがよろしい。

また、木(巽)の船に乗って水(坎)の上を行けば功がある。

初六:陰柔居初。渙散の初めであるが、これに強力な馬(九二)のたすけがあれば吉である。(無応であるからまとまらない)
九二:陽剛居中。渙散の時にあたり、陰の位にあり、正応も持たないので本来なら悔いもあるべきだが、その身を寄りかけるひじ掛けにもたとうもの(初六)のところに
馳せよって落ち着きを取り戻すので、その悔いも消滅する。
六三:陰柔不中正だが、その私情を散らして正応である上九のために尽くそうとするのであるから咎はない。
六四:柔順居正。その群類徒党を解散して(初六と無応)、ひたすら九五の君主を助け天下のために尽くそうというのであるから大吉。おのずと善人君子が集まってくる。
九五:陽剛中正。人心が渙散しようとしているときに、大号令を発するのであるから、それをあくまで貫き通して、変更、取り消しをしない覚悟でなければならぬ。
この様であれば咎はない。
上九:陽剛居極。渙散の極で、すでに険難(坎)からは遠ざかっている。血の出るような傷害は解消し、危険から遠く去り逃れて悠々たる状態で、咎はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です