60水沢節|六十四卦の意味と解説

水沢節

兌下坎上 節

節、亨。苦節不可貞。
【読み】
節は、亨る。節に苦しむは貞くす可からず。

初九、不出?庭。无咎。
九二、不出門庭。凶。
六三、不節若則嗟若。无咎。
六四、安節。亨。
九五、甘節。吉。往有?。
上六、苦節。貞凶。悔亡。
【読み】
初九は、?庭を出でず。咎无し。
九二は、門庭を出でず。凶なり。
六三は、節若たらざれば則ち嗟若たり。咎无し。
六四は、節に安んず。亨る。
九五は、節に甘んず。吉なり。往けば?ばるること有り。
上六は、節に苦しむ。貞しけれども凶なり。悔亡ぶ。

節は節制、節約。程よくして止まるの意。
沢に水があり、その容量に限度がある卦象に取る。(沢水=沢の中の水と取ればいい)
おおよそ物事は程よく節すれば亨るが、度を過ぎた窮屈な節制は、常道とすべきではない。
天地も節度があるからこそ四時の運行が成り立つ。
故に聖人も節度を保って精度をたて定めれば、財物を傷つけ、民生を害することを防ぎ得る。

初九:陽剛居正。まだ時節の到来せぬことを見極めて慎重に構え、部屋の外なる中庭から出ようとしない(無応)。その慎重さゆえに咎はない。
九二:剛強不正。すでに外に出るべき時機であるに躊躇して門内の庭を出ようとしない。その消極性ゆえに凶である。
六三:陰柔不中正。意志が弱くて節制を守ることを知らなければ、やがて嘆き痛むような結果をもたらす。しかし、みずからその非を改めれば咎はない。
六四:柔順居正。九五陽剛の道を順承して節に安んずるの象であるから亨る。
九五:陽剛中正居尊。心から安んじて節度を守るから吉であり、進んで遠近内外に及ぼして事に当たれば、人から尊敬を受け得られる。
上六:陰柔居極。苦節の象。あまりに窮屈に規律を守ろうとすると、かえって凶であるが、もちろん節度のない事よりもましであるから、その悔いも消滅する。
その道が行き詰まるということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です