61風沢中孚|六十四卦の意味と解説

風沢中孚

兌下巽上 中孚

中孚、豚魚吉。利渉大川。利貞。
【読み】
中孚[ちゅうふ]は、豚魚も吉なり。大川を渉るに利ろし。貞しきに利ろし。

初九、虞吉。有它不燕。
九二、鳴鶴在陰、其子和之。我有好爵。吾與爾靡之。
六三、得敵。或鼓、或罷、或泣、或歌。
六四、月幾望。馬匹亡。无咎。
九五、有孚攣如。无咎。
上九、翰音登于天。貞凶。
【読み】
初九は、虞[やす]んずれば吉なり。它[た]有れば燕[やす]からず。
九二は、鳴鶴陰に在り、其の子之に和す。我に好き爵有り。吾爾と之を靡[とも]にせん。
六三は、敵を得たり。或は鼓ち、或は罷め、或は泣き、或は歌う。
六四は、月望に幾[ちか]し。馬匹亡う。咎无し。
九五は、孚有りて攣如[れんじょ]たり。咎无し。
上九は、翰音天に登る。貞しけれども凶なり。

中孚は心中に誠ありとの意。
喜んで従う(巽)の卦象。
心中に誠があれば河豚でさえもこれに感応して吉である。(その誠が河豚にさえ及ぶということ)
下の者が喜び(兌)家のものが謙遜(巽)で、誠により国を感化することである。
中孚は大川を渡るのによろし⇒木(巽)にのってしかもその舟腹が空虚(六三、六四)だからだ。
また、風(巽)が沢上を行けば水がこれに応じて波立つ。(感化できると言うこと)

初九:陽剛居初。六四の正応があるが、これに心を動かさず、安んじて自己の誠に徹すれば吉である。
他人に心を動かすようではかえって落ち着きをうしなう。(その志を変えないから吉)
九二:陽剛居中。二陰の下にあるが、その徳が自ずと表れて在下の初九もこれに和し親しむ。
その徳を独り占めするのではなく、分かち合い与えてともに良い楽しもうという象。
六三:陰柔不中正。上九に正応があるが、すぐ前にある六四にさまたげられてこれを敵としなければならぬ。
しかも六四は居正。自分は不正だから、これと正面を切って戦う勇気もなく、右往左往して態度も一向に定まらない。
六四:柔順居正。孚誠の徳が満ちてきている。初九が正応であるが、九五の近くにいてその信任を得ているから、馬に例うべき初九を失っても咎はない。
九五:陽剛中正居尊。孚誠に満ち溢れて天下の人心をつなぎとめる。もとより咎はない。
上九:過剛居極。誠意に欠けるわけではないが、自信がありすぎて実行がこれに伴わない。その初心が貞正であっても、結果は凶である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です