62雷山小過|六十四卦の意味と解説

雷山小過

艮下震上 小過

小過、亨。利貞。可小事。不可大事。飛鳥遺之音。不宜上、宜下。大吉。
【読み】
小過は、亨る。貞しきに利ろし。小事には可なり。大事には可ならず。飛鳥之が音を遺す。上るに宜しからず、下るに宜し。大いに吉なり。

初六、飛鳥以凶。
六二、過其祖、遇其妣。不及其君、遇其臣。无咎。
九三、弗過防之、從或?之。凶。
九四、无咎。弗過遇之。往厲必戒。勿用永貞。
六五、密雲不雨。自我西郊。公弋取彼在穴。
上六、弗遇過之。飛鳥離之。凶。是謂災?。
【読み】
初六は、飛鳥以て凶なり。
六二は、其の祖を過ぎ、其の妣に遇う。其の君に及ばずして、其の臣に遇う。咎无し。
九三は、過ぎて之を防がざれば、從いて或は之を?[そこな]う。凶なり。
九四は、咎无し。過ぎずして之に遇う。往けば厲[あや]うくして必ず戒むべし。永貞を用うること勿かれ。
六五は、密雲あれども雨ふらず。我が西郊よりす。公弋[いぐるみ]して彼の穴に在るを取る。
上六は、遇わずして之を過ぐ。飛鳥之に離[かか]る。凶なり。是を災?[さいせい]と謂う。

小過とは、小なるもの(陰)が大なるもの(陽)に過ぎるの意。小なるものも過ぎれば亨るが、貞正であることが必要だ。
また、小事にはよろしいが大事にはよろしくない。
鳥と同じで高みに昇ればやがて行き場を失うが、地に舞い降りれば安んじて憩う場所を得られる。
つまりは上るのはよろしくなく、下るのがよろしい。その心掛けであれば大いに吉。

初六:陰柔居下。上に正応の九四があるので、それを目指して飛び立とうとする。上るによろしからずとある。凶である。
六二:柔順中正。在下有徳の賢者。陽剛の君主に会って平生の抱負を実現しようと上に進もうとするが、父(九三)祖父(九四)を過ぎて進み
祖母たる(六五)に遇う象。かくて理想の君主には及びはしないが、自分としては在下の臣としての道に叶って行動するのであるから咎はない。
九三の理想を見て飛び立つが、九四は不正、六五は正応ではない。だから、もうすこし下準備が必要ということ。飛んでも高くは上らないこと。因果関係で足止めくらう。
九三:過剛不中。小過、つまり陰柔の小人の勢いが強い時に陽剛のみを持って陽位にいるのだから、陰衆の憎しみを買いやすい。
したがって、度を超すほどに防御の手段を講じなければ、やがてはこれに危害を加えようとするものもあり、凶である。
九四:陽剛居陰。剛に過ぎぬほどに程々に対応する人だから、咎はない。しかし、進んで事に当たろうとすると危険。必ず警戒を要する。
いつまでも同じ態度に固執してはいけない。
六五:陰柔居尊。いまだに陰陽の調和よろしきを得た状態とは言えぬ。密雲有れど雨降らず。自分としては六二を探し当てて補佐としなければない。
上六:陰柔居極。その分にかなわず、余りにも行き過ぎた状態。凶である。

鳥は単独行動をしない。
一羽高く進み過ぎるのは危険である。狙われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です