63水火既済|六十四卦の意味と解説

63水火既済|六十四卦の意味と解説

離下坎上 既済

既済、亨小。利貞。初吉、終亂。
【読み】
既済[きせい]は、亨ること小なり。貞しきに利ろし。初めは吉にして、終わりは亂る。

初九、曳其輪、濡其尾。无咎。
六二、婦喪其?。勿逐。七日得。
九三、高宗伐鬼方、三年克之。小人勿用。
六四、繻有衣?。終日戒。
九五、東鄰殺牛、不如西鄰之?祭。實受其福。
上六、濡其首。厲。
【読み】
初九は、其の輪を曳き、其の尾を濡らす。咎无し。
六二は、婦其の?[ふつ]を喪う。逐うこと勿かれ。七日にして得ん。
九三は、高宗鬼方を伐ち、三年にして之に克つ。小人は用うること勿かれ。
六四は、繻[ぬ]るるに衣?[いじょ]有り。終日戒む。
九五は、東鄰に牛を殺すは、西鄰の?祭[やくさい]如かず。實に其の福を受く。
上六は、其の首を濡らす。厲[あや]うし。

既済は既に済(な)る。物事の完成の意。
火と水が交わり、その用を成す形。
こと済めば新しい展開を期待するよりも、物事の腐敗を警戒しなければならない。

初九:陽剛居初。六四に応じて上進しようとする志も強いが、事の成ろうとする初めであるから慎重に構えて容易に行動を起こそうとしない。
進み渋っているが、これほど慎重であれば咎はない。
六二:柔順中正。正応の九五に会おうと思っても、初三の陽に挟まれて上進することが意に任せない。
しかし、中正の徳を備えているのであるから無理をする必要はない。無くしたものを追い求めなくても、七日すれば手元に戻ってくる。
(進むべき時期は必ずやってくる
九三:陽剛居正。まさに陽剛の徳を発揮すべき時。しかし時間はかかる。成功を収めるのは容易なことではないから小人を用いて事を誤るようなことがあってはならぬ。
六四:柔順居正。船に乗って水漏れの時に備えてぼろ布を用意するように、いざという場合を考えて終日怠りなく警戒することが必要である。
九五:陽剛中正。陽剛中正。事既になる時において、陽剛の身で尊貴最高の地位にあるのだが、おごり高ぶることはよろしくない。
むしろ六二柔順中正の人のやがて多幸であるのにおよばない。犠牲を強いるのではなく、倹約を心掛ける。
上六:陰柔居極。才能が不足しているのに強いて事を済まそうとするのであるから、キツネが川を渡ろうとして尾尻どころか頭の先までずぶぬれになってしまうようなもので危険である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です