64火水未済(かすいびせい)|六十四卦の意味と解説

火水未済

坎下離上 未濟

未濟、亨。小狐?濟、濡其尾。无攸利。

【読み】
未濟[びせい]は、亨る。小狐?[ほとん]ど濟[わた]らんとして、其の尾を濡らす。利ろしき攸无し。

初六、濡其尾。吝。
九二、曳其輪。貞吉。
六三、未濟。征凶。利渉大川。
九四、貞吉、悔亡。震用伐鬼方、三年有賞于大國。
六五、貞吉无悔。君子之光。有孚吉。
上九、有孚于飮酒。无咎。濡其首、有孚失是。

【読み】
初六は、其の尾を濡らす。吝なり。
九二は、其の輪を曳く。貞しければ吉なり。
六三は、未だ濟[な]らず。征けば凶なり。大川を渉るに利ろし。
九四は、貞しければ吉にして、悔亡ぶ。震[うご]いて用[もっ]て鬼方を伐てば、三年にして大國に賞せらるること有り。
六五は、貞しければ吉にして悔无し。君子の光あり。孚有りて吉なり。
上九は、飮酒に孚有り。咎无し。其の首を濡らすときは、孚有れども是を失う。

未濟は既濟をひっくり返した形で、事の未完成の意。
卦の水火が上下に分かれて用をなさない。
また、6爻それぞれの陰陽の正位を失う形になっている。
あるがままで、摂理の輪郭が見えない。

初六:陰柔居初。まだ事のならざる初めにして、しかも自己の才力が乏しいことも考えずに盲進するのであるから、咎である。

九二:陽剛居中。六五の正応はあるけれど、周りに配慮して盲進せず、車輪を引き戻して自ら止まる。貞正で吉である。
六三:陰柔不中正。まだ坎険から抜け出ることができないから、事いまだならず、積極的に前進するのは凶である。しかし、上九の正応があるから時期が来れば大きく進めるのだ。
九四:陽剛不正。陽剛の身で陰の位にいるのであるから本来なら悔いもあるべきだが、努力して貞正を守って吉だ。ただ、吉を得るには長く大きな苦労がある。
六五:柔順居尊。立派な君子としての光輝があり、心にも誠実さがあって吉である。
上九:陽剛居極。未濟もすでに終わろうとする時期であるからこころの誠実さを失わずに、しずかに酒を飲んでゆうゆうと時勢の転換を待つことを心がければ咎はない。
しかし、ことのならぬのに焦って酒に溺れれば、それまで積み重ねてきたものすら失われるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です