運気を自分自身で上げる2つのこと

<h3>運気を上げる!</h3>

今回のテーマは”運気を上げる”です。

運は成功に不可欠な要素の1つですね。
自身の目的目標を達成のために、ぜひ運を上げていきましょう。

それでは本題に入る前に、
“運気”とは何かを説明します。
<h3>運気とは”求心力”です。</h3>
運気は人それぞれ違い、
強い人と弱い人に分けることができます。

そして運は、
「強い方が弱い方を引っ張る」という性質を持っていますよ。

運は引き寄せの力なのですね。

またこの運の法則に従うと、
複数の運が集まれば1番強い運がリーダーとなります。

組織図的に考えれば、
運気の強い人が上で、運気の弱い人が下という格好になります。

もちろん、会社組織では人間関係の枠組みは簡単に変わりません。

ですから、
運気”強”は自分の地位を活用する余裕が生まれ、
運気”弱”は自分の地位を保つために労力が必要となる、と判断します。

簡単に言えば、
運気が上がれば自分が楽になり、
運気が下がれば苦しくなるのです。

さて、このように見ると、
ビジネスマンにとって、
運気は強いに越したことはありませんね。

ここから本題に入ります。
運気を上げる方法を3つに分けて説明いたします。
<h2>マイナスを作らなければ、おのずと運気は上がる。</h2>
運は前進すべき運と、前進すべきではない運の2通りに分けれます。
それぞれ行動運、自重運と言います。

行動運は吉です。自重運は凶です。
この自重運を避けて動けば、必ず運気は上がります。

“能率”の問題なのですね。
例えば、田植えをするとします。
あなたは、いつ植え始めます?

もちろん季節は春です。
できれば天気が良い日に。
その方が楽だし、仕事が早く進みます。
時期を選んで「豊作」にしたいのです。

ところで街中のビジネスマンはどうでしょう?

みな勝つための努力はするのです。
知識やノウハウを身に付けます。
では、どうやってそれを成果につなげるのですか。

繰り返しますが、自重運は凶なのです。
この時に努力の種を蒔くと、花は咲かず果実も得られないということですよ。

ですから、自重運は避けて行動してください。
行動運の時を選んで物事を進めてください。
そうすれば必ず今以上の成果が上がります。

行動運で進み、自重運で止まる。
この繰り返しで運気は上がり、
自身の可能性もますますと広がってゆくでしょう。
<h2>自分の傾きを活用する</h2>
先に「運気とは求心力である」とお伝えしました。

この考え方は大切です。
富も成功も、
この求心力によって引き寄せらてくるからです。

さて、どうやって求心力を高めていくのか?

はい。
求心力を高めるには、自分の”傾き”を知ることが必要です。

例えば、地球は傾いていますね。
この傾きが春夏秋冬を作り、
動物や植物を豊かに生かしています。

もし、地軸が不安定だとどうなります?

地球は不毛の地となるでしょう。何も生きていけません。
すなわち、傾きの安定しているモノは求心力が強いのです。
そこを中心にたくさんのものが生まれ育っていきます。

同じく人間にも傾きがあります。
地球の傾きと同じで、安定した傾きが周囲の環境を支えます。

ところで、この自分の傾きとは性格のことですね。

本来の性格を知り、
それを意識しながら進むと運気は上がっていきます。

自分の傾きは周りの環境を支えている。
支えることは仕事です。
仕事には対価が発生するのです。
この傾きを安定させて、より大きなものを得ていきましょう!

<h2>まとめ</h2>
・自重運、行動運(上昇運と停滞運)のサイクルを活用し運の浪費を抑える。
・自分の傾き(性格)を知りることで、自分本来の力が発揮される。

占いは特効薬ではありません。
しかし、自分に合ったものを摂り続ければ必ず運気は開けます。
将来の自分を助けるために、この2点を意識して占いを活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です