最強の画数と勝てる会社名の決め方

会社名を考えている時期は楽しいですね。

信頼感を与える社名でありたい。
また、インパクトも必要だ。

これも良いし、あれも良いと期待感を持って考えるものです。

でも結局のところ、
あなたにとって大切なことは何ですか?

「社名は自分の気に入るものにしたい」ではないでしょうか?

会社名は一番に重要です。
事業の看板ですものね。

それゆえ、自分の納得できるものにしたいはずです。

つまりは、社名は”こだわり”と言えます。
会社名には”社長の感性”が表れると考えても良いでしょう。

画数の吉凶だけが社運を決めるものではない

さて、今日のテーマは、
「最強の画数と勝てる会社名の決め方」でした。

占いでは”画数の問題”によくよく遭遇します。

例えば、
お子さんの名前を付けるとき、画数が気になりませんか?

それはなぜなら、
知らずに「凶画数」になっていたら嫌だからでしょう。

ですから事業を起こす際にも、
まずは吉画数・凶画数を調べ、そのうえで会社名を選ぶ経営者も少なくありません。
やっぱり、みんな凶は避けたいのです。

勝てる会社名はどのように決めればよいか?

このような理由でみなさん吉画数を求めがちです。
しかし実のところ、
「画数で会社の運命が決まる」ということは、ありませんよ。

ようは、、会社名はなん画でもいいのです。
決してこれは言い過ぎではありません。

運と成功は不分離と考える経営者も多いです。
もちろん、私もその考えに同じです。
この上で字画(画数)に関しても、それぞれに運を持っていますから、
それを無視することは正道ではないのです。

でもしかし、
画数の吉凶に依存してしまうのは間違いです。
吉画数と凶画数に囚われていると、決して運は開けないでしょう。

それでは「最強の画数、勝てる会社名」を導き出すにはどうするの?

時期を選ぶことです。
良い時期を選んで社名をつけてください。

前述したように、会社名には社長の感性が表れます。

ですから、感性がすばらしく鋭い時期を選び、
そこで会社名をつけることが一番に良いです。

そもそも、良い社名に出会えるタイミング、
つまり運勢をお伝えすることが、占いの本来の役割でもあるのです。

(また、運の良い時期には“自分に合った画数”が自然と選ばれるものですよ。)

画数の吉や凶など、
見た目と形ばっかりを整えても長続きはしないでしょう。
10年、20年と、共に走るためには、
自分に合ったものを捕まえてやる必要があります。

「まとめ」
社名が運命を支配しているのではない。
その会社の運命が社名に出ている。
勝てる社名を選ぶなら、画数以前に時期(現在の運気)の吉凶を占う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です