ラッキーカラーのデメリット

お客さんから「自分のラッキーカラーは?」と聞かれる。
そんな時は「どのラッキーカラーにも凶の副作用があるのだよ」と伝えるようにしている。

なぜなら万能なラッキーカラーというものは無いから。

たとえば、白色。
私の場合でいうと、白色は仕事運アップの”吉の色”である。
しかし、同時に”凶の色”でもあり、家庭運をダウンさせる作用がある。

また、黄色はアイデア運をアップしてくれる。
しかし、これはまた健康運をダウンさせる色でもある。

一般的にも、
仕事が忙しくなれば家庭不和になりやすい。
自由を満喫すれば不摂生にもなるだろう。

どこかが上がれば、相対的に下がる部分もあるはずだ。

運気アップにラッキーカラーを選ぶなら、
それは同時に”アン”ラッキーカラーとして作用するということを頭に入れておかなければならない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です